ドライバーズカー選手権2014 / 異分野対決

公開 : 2014.11.07 23:55  更新 : 2017.05.29 19:50

ミスマッチ、風変わり……。いろんな表現ができる、今回のテストでもっとも折衷的なカテゴリーが、こちらの異分野対決だ。たった3台のみなのだが、とてつもなく幅広い(そして興味深い)結果が得られた。

初めから開き直るようだが、アリエル・アトム3.5Rとルノー・メガーヌR.S. 275トロフィー、アルファ・ロメ4Cの組み合わせに脈絡など何もない。強いて共通点を挙げるならば、全てが4気筒で、過給器付き。4つの車輪を持っているといったところだろうか。もともと無い共通点を見つけようというのも無理な話だ。さっさと走りだそうではないか。

お世辞にもアルファ4Cは褒められたものではなかった。8人のジャッジメントのうち6人は12台中12位、残りの2人は10位と11位と結論づけ、マット・プライヤーの ”路面に畝でもあるのではないかと疑ったほどのステアリングである” と言うコメントを読まずとも、いかに4Cが不成功だったかがお分かりいただけるだろう。

ジュリエッタ譲りのエンジンには、ほとんどが予想どおりといったところ。しかし、楽々と1000kg以下に抑えられた乾燥重量と、アシストなしのステアリング、カーボンファイバー製タブ、ミド・エンジンの2シータースポーツカーと言う点に関しては、きっとシャープな身のこなしをするのだろうと期待をしていた。

だがその直後には、これほどのいい素材も、レシピを無視すればいいものは完成しないのだという証明になったのだった。あらゆる方法をもって、内在的なアドバンテージを蔑ろにしているだけでなく、怠惰で一貫性のないパドル-シフト・ギアボックスやエンジンのラグ、相対的なフィールの希薄さ、ステアリングからのキックバックの欠落、インテリアの使い勝手の低さなど、歓迎しがたい欠点が満載だったのだ。

若年のテスターの何人かの運転に対する自身を奮い立たせていたようではあるが、長年の経験を積んだテスターに言わせてみれば、4Cの容姿は見掛け倒しという結論に落ち着いた。ルイス・キングストンは ”鈍く、漠然としたステアリングやブレーキに感動は全くなく、全般的に神経質かつ、運転していてくたくたに疲れた” と述べた。

全てが悪いというわけではない。実際のところ、カッスル・クームのバンピーな路面では見事ないなしを披露してくれたし、ストレートラインでも速さを感じた。しかし、感覚的な速さも、実際のラップタイムを見れば、何の手助けにもならないかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事