ズズキ・エスクードを一部改良

2012.07.11

スズキは、エスクードの仕様を一部変更するとともに、特別仕様車、X-Adventure(クロスアドベンチャー)を設定し、7月11日より発売を開始した。

今回の一部仕様変更では、フロント・バンパーをリデザインし、新デザインのアルミホイールを採用。更にフロント・グリルからヘッドランプまで黒でつなげることで一体感を持たせている。また、バックドアのスペア・タイヤが廃止された。インテリアは、黒基調のシート表皮とドアトリムクロスを採用している。

また特別仕様車、X-Adventureは、電動サンルーフやESPを標準装備したほか、LEDリング・イルミネーション付フォグランプや高輝度ダークシルバー塗装の18インチ・アルミホイールなどを採用したモデル。インテリアは、黒地に赤色が映える前後シートを採用、前席と後席左右の背もたれおよび座面に撥水加工を施したスエード調のシート表皮ラックススエードを使用している。さらにレッド・ステッチを施した本革巻ステアリング・ホイールおよびシフト・ノブ、専用フロア・マットが採用されている。

価格はエスクードXGが2,089,500円〜2,194,500円。X-Adventureが2,352,000円。

関連テーマ

 
最新国内ニュース