スペシャルショップ

アバルト500のブレーキを酷使すると

レッドポイントの赤座です。

アバルト500をモータースポーツシーンで使用すると、ブレーキキャリパーが加熱され
キャリパーに組み込まれているダストブーツが熱外で損傷を受けます。

今回、車検整備進行中のアバルト500はブレーキディスクの交換中にダメージに
気付き、急遽キャリパーのリペアを行いました。

ブレーキキャリパーのダストブーツは、外部からの確認では損傷状態が分かり辛いです。パッドを外す際に、キャリパーを外す事で全貌が明らかになります。ご覧の通り、ズタボロでした。ラテンフェスタや、富士スピードウェイを走る車輌ですのでブレーキの負担はかなりのものですね。ディスクローター表面の細かいクラックは見た目にもかなり怖いです。

各部分解を行い、ピストン・シリンダーの状況も確認します。赤色のキャリパーが黒く見えるのは汚れを含め、熱による変色もあります。

リペアに用いるのが、このキャリパーシールキットです。ピストンシール・ブーツのみならずフローティング部のブーツ・インナーラバーも含みます。キャリパーフローティングを固定するボルトも付属されます。常時、在庫するようにしていますので、こういった不意の事態に対応できました。

組み付けるブレーキディスクは、bremboMAXをチョイスしました。キャリパー及びブラケットは、トレントで洗浄を行い、汚れを除去した後に必要箇所へグリスアップを行い組み付けます。

そもそも、ここまでの被害の原因は熱がこもり過ぎる事にあります。アバルト500はフロントバンパーから風が抜けず、ブレーキを冷やす道がありません。インタークーラーがバンパー左右に配置されている為です。インタークーラーをフロントマウントにコンバージョンする事で、ダクトなどを取り回しし易くなりますね。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/