スペシャルショップ・ナビ

ポルシェ・カイエン ガリキズだらけのホイールは限られた予算内でどこまでキレイになるの?


羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。

今回はポルシェ・カイエンのホイール修理のお話です。

こちらのポルシェのお客様、実はご近所のコーティング業者さんからのご紹介でした。
ちなみに大変にウデの良いコーティング屋さんで、ワタクシも利用させていただいております。

「ポルシェ・カイエンを中古車で購入したお客様が、コーティングをご希望で来店されたのですが、
あまりにもホイールがガリガリなので、コーティングをする前にホイールを直すことをオススメしました」
とのことで、当社をご紹介いただきました。

ご来店なさったお客様のお話を聞くと「ディーラーさんが10万円でキレイにホイールを塗装してくれると言っている」とのこと。
「このホイール、全周にキズがありますし、しかも過去にも補修した跡が見られます。正直なところ、状態は良くないです。
これをディーラーさんが10万円で作業してくれるのでしたら、そちらの方がお得ですよ」とお答えしました。
しかしお客様は「いえいえ、せっかくご紹介いただいたのですから、御社にお願いしたい」と嬉しいお言葉。
 




ということでクルマをお預かりして、ホイールの状態を確認。
ご覧の通り、ホイールのリムは全周に渡って激しいガリキズが。それを一度カンタンに直して塗装した跡があります。
その上からさらにガリキズが入り・・・とスゴイ状態です。見切りの良くないSUVに大径ホイールと超扁平タイヤの
組み合わせということで、どうしても縁石とは仲良しになりがちではありますが、よく見るとキズの上に塗装されています。
しかもマットブラック、それも半ツヤ仕上げという微妙な仕上げになっています。

さてさて、このガリキズだらけのホイール、限られた予算内でどこまでキレイにできるでしょうか?

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : web@hatori.co.jp