スペシャルショップ

アバルト・プントエヴォのサーも交換 劣化した樹脂やゴム製パーツも併せて


こんにちは、レッドポイントです。
12か月点検でお預かりのプントエボはタイミングベルトの交換を実施、
冷却水の交換と併せてサーモスタットの交換も行いました。


外れたサーモスタットは冷間時から開いたままという状態ではありませんでしたが、
内部の状況から劣化が伺えます。


500などではトラブルが続出する樹脂製のサーモスタットニップルは
プントエボ用では金属製で心配なしです。
しかし、サーモスタットに刺さるワンタッチカプラーホースは
樹脂製となっており、こちらは劣化から折れて水漏れの心配がありますので
新品のワンタッチカプラーに交換しておきます。

サーモスタットに刺さるウォーターパイプのOリングは劣化で硬化してます。
こちらも当然交換です。


新品と比較すると劣化具合がよくわかるクーラントタンクも予防交換を行い


クーラント交換を行えば作業完了です。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/