スペシャルショップ

プジョー106トラブル発生直前を発見 インジェクターノズルのカプラ断線寸前 ボッシュ製コネクターに交換



こんにちは、レッドポイントです。
先日のヒーターコア交換を行ったプジョー106 S16の点検作業中に気付いたのですが、
あと一歩でエンジン不調が発生するギリギリのところでした。
106やSAXOはインジェクタノズルの電極カプラに無理な力が掛かっていないかを
普段から気にして見るようにしています。1番シリンダのノズルは、スロットルケーブルの
ロッククリップに非常に近くクリップがノズルを押してしまい、最悪の場合ノズルの電極が折損します。
そうすると、そのシリンダは燃料を吹かなくなるので物凄くエンジンが調子悪くなります。

その点検をしていた際に、無理な力というよりも配線が切れそう...になっているのを見つけました。
切れそうというよりも、既に切れましたが。作業中にとどめを刺してしまったみたいです。
グリーンの被覆が損傷し、内部の銅線が数本繋がっていただけでエンジンが掛かっていました。
気付かずにお返ししていたら、またもレッカー入庫となります。
 



ここは、その先の部分まで配線を切断し、新たに作り替える必要があります。
 



安心感の高いBOSCHのコネクタに作り変えました。
 



今回は的を絞った作業ですので、必要最低限のところで作業は終了です。
25万キロ程の走行を経ている106ですので、本当はもっと他にもやりたいことはあるのですけどね。
ひとまず今後の方向性をよくご検討頂き、次回以降に持ち越しです。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/

新着ニュース

ニュース一覧