スペシャルショップ

アバルト595に前後MCBセット装着第一号 ボディの安定感・操舵感向上



こんにちは、レッドポイントです。

年末も押し迫ってきましたが(当社は12/30〜1/5をお休みとさせていただきます)、
そんな中、先日リリースを開始しました「アバルト用 前後 MCB」の取り付けを
ご予約・ご依頼を頂いていましたので数時間のお預かりで作業を行いました。

デモカーへの前後MCBについては、開発段階でステーのフィッティングなどもあり、
何度も脱着を行っていました。お客様のシリーズ4アバルトへのフィッティングは今回の作業が初となります。
 



MCBキットの概要は以下の様な内容です。
センター用(ラゲッジスペース取り付け)は単品販売の ¥40.000-税抜 として設定しています。
今回のMCB 前後セットは、前後のバンパー内部に取り付けるタイプでして、内容は前後のセット販売となります。
お値段は アバルト専用 前後 MCBセット ¥80.000-税抜 となります。
 
 



取り付けにあたっては、前後のバンパーの取り外しが必須です。
ブラケットの装着位置や、締め付け管理は取り付け説明書を付属していますので、ご安心ください。
 
 


フロント側の装着位置は、ボディ・モノコックへと凝結される箇所のボルトを使用し共締めでステーを凝結します。


ステーを軽く締めた後に、MCB本体を取り付け、ステーとMCBを先に締め付けます。
ステーの取り付け穴は、ある程度の余裕を持たせていますので、MCB本体の装着によりステーの角度が補正されます。
ですので先にMCBを締め付ける事でストレスの無い取り付け状態を実現します。
 
 



リヤ側も同じくです。取り付け部はモノコックの両端です。
MCB本体の仮締め後に、ステー側を締め付けます。


https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2020/12/rp_1228_015.jpg” width=”660″ />


最後は1G状態での締め付けを行いますので、バンパーレスの状態で一度タイヤを取り付け設置させます。
当社では、その後にリフトより車を出し、SDLテスト上でサスペンションテストによる振動を与え、
1G状態に加えてテスタによる揺れを加えた後に最終増し締めを行いました。
 
 


ボディにかかるストレスを強度を持たせながら、効果を発揮するMCBですので
無負荷の際のストレス抜きが重要なセッティングポイントになります。
 


各部の組付け後、前後バンパーを取り付け試運転・ホイールの増し締めを行います。
走行した印象としては、ステアリングの安定感・操舵感が以前にも増してドッシリとするのを強く感じます。
コーナリング中のトレースラインはボディの強度を最適化する事で、不安の無い安定した狙いに沿ったラインで
コーナリングする事が可能となります。硬くて突っ張るのでは無く、ボディにとって丁度良い強度とはこういう事なのか!
と納得させられる仕上がりに満足です。

今回のアバルトには強化エンジンマウントの3点セットを装着済みですので、すくなからずノーマルモデルよりも振動は多いのですが、
その微振動さえも室内に伝わりにくくなっています。その結果、車内空間の静粛性が増し、ロングドライブにおける疲労感も低減する。
そんな効果も生まれてきそうです。

ノーマルマウントの車であれば、より一層快適な車内空間になりそうです。
今後のインプレッションにも期待したいです。
「アバルトにはMCB」これがこれからの定番になってきそうです。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/
×