スペシャルショップ

新車のアバルト595 仕上げていきます フルオーダー・コンプリート・アバルトの製作 第5章



こんにちは、レッドポイントです。
連日作業を進めているのは、フルオーダーの595コンペです。
本日は、先日行ったフロントブレーキに引き続き、リヤブレーキ系統に着手します。
用いるのは、オリジナル商品の2種類です。SessA 低ダストパッドと SessA リヤ・ビッグロータキット(ドリルド)です。
ビッグロータキットには、3種類の設定があります。
プレーン・ドリルド・スリット です。今回ドリルドを選択したのは、純正がドリルドロータだからですね。
 
純正ロータサイズ 240mm オリジナルのビッグロータサイズ 280mm その差は40mmのサイズアップです。
フロントはブレンボキャリパですので、どうしても感じてしまうのが、制動力のフロント勝ちな印象です。
純正パッドの初期制動力が強すぎる性格と相まって、チョンっと踏んだだけで カクンっとフロントに制動力が寄ってしまいます。
これをバランス良く整えるには、リヤの制動力を上げる事がベストです。
実際に、リヤ・ビッグロータキットを装着し試運転を行うと、グッとブレーキを踏んでもフロントのノーズダイブ感が緩和され、
後ろ側からの制動力を感じ取れます。繊細なブレーキ操作が苦手な方にもおすすめかも知れません。
4輪で制動するイメージに近づきます。



 
 
新車の美しい金属部品、こういう箇所は無塗装・無防錆 ですのでこの美しさを保って貰いたい思いから
素材の質感を損なわない様な処理を施しました。


耐熱性を持った、クリアペイントです。防錆の為に黒く塗ってしまうと味気なくなりますので、素材感重視での仕上げです。
こういう事が出来るのも新車ならではです。
この作業を行っている際に、お客様が作業風景をご覧になられ、ふと発した言葉が「これか〜すげぇな」と。
こういう何気ない一言で、当工場通信のご愛読者である事がすぐ様分かってしまいます。
連日投稿されるコンプリートカーの記事をご覧いただいており、現車を見ると「このクルマの事か」と気付かれるのでしょう。
嬉しい一言でした。

引き続き作業を進めます。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/