スペシャルショップ

プジョー306マキシ リアの足まわりを徹底整備 右スイングアームに段付き摩耗


こんにちは、レッドポイントです。
リアの足まわりのメンテナンスを承ったプジョー306マキシ。
左側の作業はそれなりに順調だったのですが、やはり何か起こるものです。
これもそのクルマの個性なんだといつも思いますね。

左側では問題の無かったスイングアームベアリングとシャフトでしたが、
右側だけシャフトに段付き摩耗を確認しました。
 
 


こちらがプレスでシャフトを抜いたところです。
おわかりでしょうか。 シャフトに筋状の彫りがあるのを。
これはニードルベアリングの摺動部に付いてしまった段付き摩耗です。
規則正しいスジが付いているのは、当たっている相手がニードルベアリングだからですね。
用意良く新品のシャフトを在庫していましたので、サクッと組み替えを行いました。



 
 
シャフトが悪いということは、その相手のベアリングの状態も良くないということ。
ベアリングプーラーとスライドハンマーの組み合わせで引き抜いていきます。


ベアリングの奥側に引き抜きのアダプターを上手く引っかけて、
工具がベアリングに対してズレないように集中しながら、
勢いよくスライドハンマーで引き抜いていきます。


この作業は、上手く抜ける時とそうでない時の差が激しいですね。
今回はとてもスムーズに抜き取りが完了しましたので一安心です。
これが抜けない時は非常に厄介でして、ベアリングをリュータで削り嵌合力を抜き、
最終的にはベアリングを破壊して抜き取ることになります。
 


クロスメンバーチューブ内を清掃し、新しいベアリングを組み付けます。
 
 


スイングアームを組み付け、トーションバーの調整を行い、ブレーキキャリパーを取り付けて・・・
と思った矢先、妙にキャリパーのダストブーツが膨らんでいました。
少しめくってみると、ブレーキフルードがダラ〜っと流れ出てきました。


一筋縄ではいかないですね。だからやり甲斐も出てくるものですが
どんな方向性で修理するかを考えます。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/