スペシャルショップ

プジョーRCZ 6MT エンジンの要、フライホイール交換で軽やかなエンジンレスポンスに


こんにちは、レッドポイントです。
消耗品の交換にあわせて刺激を盛り込み中のプジョーRCZ 6MTは
これよりライトウエイト・フライホイールの組み付けを行います。
「エンジンの性能を上げたい」、「レスポンスを今よりも良くしたい」
そんなチューニングをお望みの方は、これまでも色々な手法を
試したことと思います。
特に現代のクルマは電子制御により直感的なフィーリングを
オブラートに包んだような味付けに仕立てられていることが多く、
電子デバイスとの欺し合いのようになることも多いです。

フィーリングアップをお望みの方に強く推奨できるチューニングは
軽量フライホイールへの交換だと私は考えています。
金額はかかってしまいますが、間違いなくエンジンの基本性能が激変します。

純正のデュアルマスフライホイールが重たすぎるというのが、諸悪の根源といえます。
エンジンが回転している間、共に回り続ける鉄の塊ですので、
この部分が軽くなればエンジンフィーリングはスポーティに変化します。

このフライホイールがどのくらいの重量物かといいますと
純正品は12.85kgとなかなかの重量を示しています。
ちなみにこの塊、片手で持ち上げることはできません。



 
対して今回取り付けを行う軽量フライホイールの重量は
わずか6.25kgと約半分の重さしかありません。
まさに軽さは武器といえる重量です。こちらは片手で持ち上げることが可能です。


エンジンの回転負荷を減らすことに大きく貢献するフライホイールのお話でした。
 
 
このクルマの走行距離は8万km台でしたが、思ったよりクラッチは減り気味でした。
クラッチディスクの厚みは新品から1mmちょっとは減っています。
場所によってはディスクフェーシング面のスリットが消えかけています。
つまり200PSの出力でこのぐらい減っているということは、
RCZ-Rの場合はもっと減るということですね。308GTIも同じくですね。
このあたりのハイパワープジョーは8〜9万kmでクラッチ交換を行っておくと安心ですね。
その際はフライホイールも交換すると楽しいですよ〜



 
クラッチとフライホイールのセンタリングを確認し、組み付けを行って行きます。



 
ここも言わずと知れた同時交換箇所です。
クラッチレリーズベアリング兼 油圧シリンダです。言葉の通り、
ベアリングとシリンダ 2役を担います。



綺麗に洗浄を終えたトランスミッションケースに、
カッパーペーストを塗布し、搭載待ちとなりました。
ここまでくると、早く走らせたくなります。
まだやらねばならない事がありますので、直ぐに走行することはできませんが・・・

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/