スペシャルショップ

フィアット・パンダ100HPトラブル発生 エンジンが突然始動しなくなった 後付けキーレスの電源がイタズラ?


こんにちは、レッドポイントです。
フィアット・パンダ100HPが「エンジンが突然始動しなくなった」
という内容にてレッカー入庫となりました。
セルモータは回るが始動しないという症状から「燃料ポンプかな?」
と思っていました。このところパンダ2でよく起きている症状です。

で、調べてみると燃料ポンプではなかったのです。
イグニッションキーをONにすると、リアシートの下あたりからは
確実に燃料ポンプの作動音が確認できます。
数秒間の「ウィーン」という音ですね。皆様もこういう音の情報を
覚えておくと良いですよ。クルマが発する音は、クルマの大切な情報源です。

上の写真はキースイッチをONにしたときのメーター表示内容です。
え? 燃料計の針位置が下限に。しかもランプ点灯? ガス欠? まさか・・・
(エンジンルームで燃料供給を確認すると、しっかりと圧力を保持していました。)

ということは、何らかの電源トラブルでエンジンに火が入っていないか、
燃料を噴射していないか、またはその両者か? となっていきます。
とりあえず、診断機チェック。エラーはたくさん入っていました。
ありとあらゆる系統に介入しています。



 
 
お客様からの情報として、エンジンがかからなくなってから同時に
キーレスが作動しなくなったとありました。
最初は偶然じゃないの? と思ったのですが、疑う部分の絞り込みに役立ちました。



 
 
後付けのキーレスが介入しているのは、運転席下のBSIユニットです。



 
ユニットのメイン電源となる配線は、赤色の太い部分。



 


原因として正しいかの断言はできませんが、この部位の接触改善により
症状は回復し、エンジンは無事に始動しました。
接触不良を再現してみると、トラブル時と同じメーター表示となり
エンジンは始動しなくなります。

本当はユニットの内部を確認したいところですが、ひとまずこの状態で様子見としましょう。
メインの電源回路ですので、もしかすると基盤クラックが起きかけているのかもしれません。

クルマのトラブルと向き合うのは難しいといつも思います。
原因が特定できる内容であればよいのですが、半数ぐらいは直球では解決に至りません。
テスタはクルマを治すツールではないのですね。
しかしながらお客様の中にはテスタがあればクルマは治るとお考えの方も多いようです。
四苦八苦しながら取り組んでいます。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/