スペシャルショップ

プジョー208GTI エンジン始動不良 ターボが効かなくなり出力低下も


こんにちは、レッドポイントです。
プジョー208GTI 200馬力エンジン不調の修理を行いました。
 

「症状」

◆セルモーターの駆動時間が長い
 通常ではキーをひねると同時に始動するほどに始動性の良いエンジンです。
 そのはずが、4秒近いクランキング時間を要します。

◆エンジン出力が低下する
 加速時のターボの効き具合が悪くなり、パワー感を損なった印象を受けます。

◆エンジンチェックランプが点灯する
 症状の度合いにもよりますが、警告灯が点いたり消えたりランダムな状態に陥ります。

このような症状、イヤですよね。
ユーザー様もお困りですが、整備の現場側も頭を悩ませる症状です。

実測値の確認と、正常時のデータ比較を行いながら、怪しいポイントを探り、
たどり着いたのはVVTソレノイドでした。
インテーク側カムシャフトの作用角をコントロールする油圧式ソレノイドバルブです。
冒頭の画像がその部品です。
 
 
装着位置はエンジンの裏側。タイミングチェーンテンショナーのすぐ横です。
直視することはできないので、交換は手探りで行います。



 


併せてこちらのセンサーも交換しました。
カムシャフトのポジションセンサーです。
現代のエンジンは様々な事をモニタリングしながらいろいろな事を制御します。
トラブルシュートは一筋縄に行かないことが多いですが、
大切なのはデータを知ることだと常に思います。
常日頃から正常値を把握しておくことの必要性を感じる、今回の修理内容でした。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/