クルマ漬けの毎日から

2020.04.24

サマリー

元レーシングドライバーのスターリング・モスが亡くなりました(享年90歳)。クロプリー編集長は友人のジャーナリストから、「無冠の帝王」の1960年代前半の引退について、あるエピソードを聞きました。

【クロプリー編集長コラム】スターリング・モス、1960年代の早すぎた引退

もくじ

少年時代の憧れ スターリング・モス
モス 引退後にバサーストへ
引退の決断 間違っていた!?

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

少年時代の憧れ スターリング・モス

友人のピーター・ロビンソンは私の恩師であり、また以前、AUTOCARのヨーロッパ特派員を担当していたこともある。

現在ピーターはシドニーに住んでいるが、今日、彼からメッセージをもらった。そこには、亡くなったスターリング・モスとの想い出が書かれていた。

1956年のル・マン。アストン・マーティンDB3Sでクラス優勝したモス(中央)。© Motorsport Images

少年時代、ピーターはモスに憧れていたという。自動車ジャーナリストになった後、彼は仕事を通してモスと交流を持つようになった。

そんなピーターだからこそ知っている、スターリング・モスの「引退」にまつわるエピソードをお伝えしよう(以下は、ピーターのメールから引用)。

モス 引退後にバサーストへ

ーーー1962年にグッドウッドのレースで大怪我をし、その翌年に引退したスターリング・モスは、1976年に再びレーシングドライバーとして、オーストラリアのバサーストへ戻ってきた。

1962年のグッドウッドで果敢にコーナーを攻めるモス。

ジャック・ブラバムと組んで、ミッドサイズのホールデン・トラーナでレースに参戦したのだ。

私(ピーター・ロビンソン)は大会期間中の週末、モスを取材した。ところが、モスとブラバムのマシンは、スタート前からトラブルに見舞われた。

スターティング・グリッドで後方から追突されてしまったのだ。だが、なんとか修理を終え、スタートすることができた。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事