クルマ漬けの毎日から

2021.04.23

エリザベス女王の夫、フィリップ殿下が亡くなりました。葬儀で殿下の棺を運んだ霊柩車は、自らも関わった特注のランドローバーでした。クルマ好きだった殿下と、1950年代に誕生した「ファリーナ」との関わりをお伝えします。

【クロプリー編集長コラム】英王室、故フィリップ殿下の助言で誕生した「ファリーナ」

もくじ

フィリップ殿下 新型車に待ったをかけた!?

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

フィリップ殿下 新型車に待ったをかけた!?

エディンバラ公フィリップ殿下が亡くなって以来、さまざまな追悼記事が書かれているが、殿下とイギリス車に関する素晴らしい出来事を1つご紹介しよう。

フィリップ殿下は1950年代に、イギリスの大手自動車会社BMCが製造していたオースティンやモーリスなどのデザインの改善に直接的に貢献したのだ。

中型のファリーナ、オースティン・A60ケンブリッジ。1961年10月に登場(A55ケンブリッジMKIIのアップデートモデル)。

バーニー・シャラット氏の著書『Men and Motors of ‘the Austin’(オースティンとそのクルマをつくった男たち)』によると、フィリップ殿下は1955年に、バーミンガム近郊にあるBMCの本拠地、ロングブリッジを訪問したという。

その際、殿下は開発中の新型モデルを数台ご覧になった。

中型のファリーナ、モーリス・オックスフォード・シリーズVは1959年にデビュー。1961年にシリーズVIへとフェイスリフト。

そして、当時BMCでトップを務めていたレオナード・ロードに、次のようにはっきりと述べた。「これらの新型車が、海外メーカーと競っていけるのか、私には確信が持てません」

小型のオースティンA40ファリーナ。最初のファリーナとして1958年にデビュー。

翌日、BMCトップのレオナード・ロードは、バッティスタ・ファリーナに電話した。あのピニンファリーナの創始者である。

その結果、数年後にオースティンA40ファリーナをはじめとする「ファリーナ」と呼ばれるモデルが、オースティン、モーリス、MGなど、BMCのさまざまなブランドから誕生したのだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ