クルマ漬けの毎日から

2021.07.25

クロプリー編集長が、アストン マーティンCEOのトビアス・ムアース氏にインタビュー。その取材から、ここでは「合成燃料(eフューエル)」についてお伝えします。

【クロプリー編集長コラム】アストン マーティンCEOも期待する「合成燃料」の未来は?

もくじ

合成燃料 期待できるか?
合成燃料の課題とは

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

合成燃料 期待できるか?

アストン マーティンCEOのトビアス・ムアースにインタビューした。

ピストンエンジンのクルマに、低炭素またはカーボンフリーの「合成燃料」を使用する可能性に話題が移った時、この取材はいっそう盛り上がった。

2020年にアストン マーティンCEOに就任したトビアス・ムアース

アストンのCEOは、合成燃料はバッテリーと電気モーターの代替案として、(エンジンやエグゾーストのサウンドもよく)期待が持てると考えていると、私は確信した。

スーパーカーを製造する競合他社も、むろん同じように考えているだろう。

合成燃料の課題とは

しかし、その一方でムアースは、自動車の脱炭素に向けて合成燃料を選択することについて、「私たちは極めて慎重にならなければならない」とも語った。

合成燃料がカーボンフリーであることは、はっきりしていないからだ。

ライバルのポルシェは、合成燃料の試験運用を2022年から開始する。

また、人口増加の時代に農地を使って燃料を作ることは、理想とはかけ離れている。それに、もし合成燃料を採用すれば、航空業界ではさらに多くの燃料が必要になるだろうと、ムアースは指摘している。

果たして、合成燃料が脱炭素社会を後押しする日は、やって来るだろうか?

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

      ×