イベント・レポート

2017.12.23

NAGOYA CLASSIC TOUR「REVIVAL」& Exciting Christmas Party

名古屋市役所でおこなわれた開会式。
名古屋市長みずからがスタートの旗をふる。いまやエントラントの間でも人気者だ。
「コンシェルジュ」のふたりが今回も参加。イベントの顔としての活躍はもちろんのこと、エントラントへの「おもてなし」の部分で活躍しており、とても人気。
一行がまず目指したのは、「ラ・コリーナ近江八幡」。
かわいらしいクルマの背景に見えるのが「ラ・コリーナ近江八幡」だ。
「ラ・コリーナ近江八幡」のスタッフ。お土産も用意してくれた。
ふるまわれたピクニック・ランチ。
エントラントもこの表情!
焼きたてのバームクーヘンはランチの場でカット。ランチ後にコーヒーと。
本イベントはクリスマスを連想させる衣装も推奨されており、ご覧のようなコーディネートのエントラントも目立った。
お腹を満たしたあとはいざ出発。
初参加のエントラントも考慮して、計測はあわせて2回。それも区間計測はなく、決められた時間に線を踏むシンプルなものにとどまった。
彦根キャッスルリゾート&スパでレスコン。たっぷりとスイーツが振る舞われる。とくに女性は大喜びのはからい。
2度おこなわれたCO競技の結果、1位と同率2位の3組が表彰された。1位はポルシェ356Aスピードスター、2位は66年式のポルシェ911と2017年式のポルシェ911カレラだった。
そしていよいよ夜の部。
バルーンアーティストの山下郁子氏のパフォーマンス。子どもモデルとして、りこちゃん、めりちゃんがバルーンをまとった。
次に登場したのが大道芸人のぼびーさん。見るものをはらはらさせるパフォーマンスで参加者を引きこむ。
そしてまさかの披露宴! ふたりは本イベントのスタッフ。じっさいに結婚するということで、参加者からあたたかく祝福された。
おや? コンシェルジュのふたりのヘアスタイルがリアルタイムで仕上がっている。パリコレで活躍中のヘアデザイナー、小田宗則氏による「作品」だ。氏も愛知県出身。自身のフェラーリで第1部にも参加していた。
美しく仕上がったコンシェルジュのふたり。
鯉のぼりをモチーフにした衣装が美しい。
ポップな雰囲気だった会場が一瞬にして色気に包まれる。
りこちゃん、めりちゃんも鯉のぼりをモチーフにした衣装に。愛らしい笑顔が参加者をあたたかい気持ちにする。
徳永こいのぼりの徳永氏と衣装を制作した大浦雅代氏には、あらためて総合プロデューサーの天野氏より謝辞が。
ここからは3組のバンドがクリスマスメドレーをつなぐ。まずはイベント公式アーティストの「プラネット・ラブ」の皆さん。
演奏は「赤鼻のトナカイ」。バトンがわたされたのは「スナフキンズ」。
色っぽい女性のボーカルからサンバチームへ。
ダンサーが登場! いよいよクライマックスだ!
エントラントも踊る! 最後は会場の皆が立ち上がり、手を繋いで踊った。
この笑顔こそ、天野氏が主催する一連のイベントの真骨頂だ。
総合プロデューサー、天野正治氏の挨拶。
盛大にあげられたバルーン。弾けたあとに、蟹やお米などを含む、豪華な景品が含まれるリボンが降ってきた。
それではエントリーしたモデルを見ていこう。ジャガーEタイプ(オフィシャル)
トヨタS800
ジャガーEタイプ Sr.III
ジャガーDタイプ
ジャガーCタイプ
ルノー・アルピーヌA110
フェラーリF355 GTS
ジャガーXJソブリン
フォードGT
フェラーリ599ネロデイトナ
アルファ・ロメオ・ジュリエッタ・スパイダー
アルファ・ロメオ1300GTジュニア
アルファ・ロメオ2000ツーリングスパイダー
シェルビー・コブラ
ポルシェ・ケイマン
ポルシェ911
ポルシェ911
ポルシェ・マカンGTS
ポルシェ356Aスピードスター
ポルシェ356C
ポルシェ356C
ポルシェ356C
ポルシェ356Aスピードスター
フィアット500
ミニ・クロスオーバー
オースチン・ヒーレー100/4
MGミジェット
ローバー・ミニ
モーガン・スリーホイラー/メッサーシュミット/ホンダS800
ローバー75コニサー
モーリス・マイナー

この画像の記事を読む

 
最新海外ニュース