アウディA3大幅アップデート予告 デザインにライトシグネチャーに装備充実化 新素材も導入

公開 : 2024.03.25 07:05

アウディはA3に大幅アップデートを予告しました。進歩的なデザイン、大幅に拡張された標準装備、新しい素材とともに、さらにスポーティに、より快適に、さらにデジタル化を進めたクルマとなるようです。

アウディA3を大幅にアップグレード予定

アウディはA3を大幅にアップグレードすると発表した。

1996年に発売され、プレミアムコンパクトと呼ばれる新しいクラスを確立したA3が、より進歩的なデザイン、大幅に拡張された標準装備、新しい素材とともに、さらにスポーティに、より快適に、さらにデジタル化を進めたクルマにアップグレードされるという。

アウディA3を大幅にアップグレード予定
アウディA3を大幅にアップグレード予定

車両のディスプレイにより直接操作することができるアプリ、選択可能なデイタイムランニングライトシグネチャーに加え、いつでもオンデマンドで機能を追加可能となり、高度なカスタマイズを実現するとアウディは述べた。(以下はドイツで販売予定のもので、追って発表される日本仕様とは異なる可能性があることをお断りしておく)

3月から受注開始:バリエーション

ヨーロッパでは、アウディA3の1.5Lガソリンエンジンを搭載した35TFSIは、150psの最高出力を発生し、7速Sトロニックとマイルドハイブリッドテクノロジーを備えたオートマティック仕様だ。

その後6速マニュアルトランスミッションも設定される予定で、また35TDIは、150psの最高出力と7速Sトロニックを搭載したディーゼルモデルだ。第2四半期には、A3スポーツバックとA3セダンのガソリンおよびディーゼルバージョンが導入され、年末にはプラグインハイブリッドモデルも追加される予定としている。

さらにスポーティなデザイン:アウディA3のエクステリア

A3スポーツバックおよびA3セダンは、今回のアップグレードにより、ダイナミックでプログレッシブ、さらにエモーショナルなモデルに進化するという。

新しい構造を特徴とするフレームレスの六角形シングルフレームは、よりフラットでワイドな形状となり、このグリルは、フロントエンドの大きな特徴となっており、大型サイドエアインテークとともに、このコンパクトモデルのスポーティなキャラクターを明確に象徴する。

アウディA3を大幅にアップグレード予定
アウディA3を大幅にアップグレード予定

印象的なフロントスポイラーは、左右のインテークを接続して、A3をより低く見せる。リアも同様で、新しいバンパーと特徴的なディフューザーが、スポーティなキャラクターを強調している。

RSモデルから部分的なインスピレーションを得た先進的なデザインエレメントは、Sライン・エクステリアと組み合わせるとさらにスポーティに仕上げることができ、表情豊かなメタリック仕上げの新しいボディカラー、ディストリクトグリーン/アスカリブルー/プログレッシブレッドは、ダイナミックな外観のイメージを強化すると述べた。

選択可能:最大4種類の選択可能なデイタイムランニング・ライトシグネチャー

今回、A3シリーズモデルで初めて、MMIを介して最大4種類の異なるデジタルデイタイムランニングライトシグネチャーを選択できるようになった。

アウディAGのデザイン・ライト・エクスペリエンス責任者セザール・ムンターダ

「これにより、より高度なカスタマイズが可能になります。設定はいつでも変更できます。シグネチャーは、このモデルの自信に溢れたスタイルと俊敏な走りを様々な方法で表現したものです。これは、それぞれのシグネチャーごとに個別にデザインされたカミングホーム/リービングホームのシナリオにも当てはまります」と語った。

デジタルデイタイムランニングライトは、LEDおよびマトリクスLEDヘッドライトのハウジング上端に3列に設置された24個のピクセルエレメントを使用して作成され、このヘッドライトは、くさび形のフラットなフォルムとワイドなライトグラフィックにより、A3モデルのスポーティなキャラクターを強調する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事