シトロエンC4ブルーHDi 120フレアー

公開 : 2015.03.05 23:20  更新 : 2017.05.29 18:35

アップデートされたばかりのC4は、まったく才能に欠いているわけではない。しかし、よりモダンな主要ライバルに比べると致命的な欠点がある。

■どんなクルマ?

このページで試すのは、すでにベテラン選手となったC4ハッチバックのアップデート版。

シトロエンの静かなる人気車種である理由として、柔らかい乗り心地や装備の豊富さ、オリジナリティ溢れるインテリアなどが挙げられる。

しかしここ最近はプジョー308やマツダ3(日本名:アクセラ)、フォード・フォーカスなどの勢いに負けつつあるのが現状だ。

そんなタイミングで、ライトや前後の意匠、トリムやオプションの追加がなされたフェイスリフトがデビューした。

その他の改良点として、ダッシュボードがよりシンプルになり、7.0インチが中央に配置されるようになった。

しかしもっと重要なのは動力性能や経済性の向上だ。先代の4気筒VTiガソリン・ユニットは過去のものとなり、今回からは新たに ’ピュアテック’ 3気筒ユニットが追加された。

ディーゼル・レンジにも同様の改善が施され、最新のブルーHDiエンジンが組み合わされることになった。

われわれが連れだしたのは中間スペックにあたる、ブルーHDi 120なるユニットを搭載したモデルで、6速MTとアイドリング・ストップを取り揃えた、最上級を意味する ’フレアー’ グレードである。

このグレードでは左右独立式エアコン、ナビゲーション、ブルートゥース、USB接続、クルーズ・コントロールが標準装備となる。

■どんな感じ?

リフレッシュした、とはいうものの、実際の乗り味はわずかにひと昔前のクルマのように感じる。

細かなことではあるが、たとえばシフト・レバーは10年前のプジョー407を思い出させたりするのだ。

 
最新試乗記