マツダ 3のニュース/新車情報/試乗記

マツダ3は、Cセグメントに属するマツダのハッチバックとセダンだ。ただしマツダではハッチバックモデルに「ファストバック」という名称を与えている。 そのルーツは、1963年に発売された「ファミリア」だ。ファミリアは1980年代前半、FFのハッチバックモデルが大人気を呼び、ドアミラー・ブームの立役者ともなった。2003年、ファミリアは「アクセラ」へと車名を変更。2019年に現行型にフルモデルチェンジされたとき、日本仕様も世界共通の車名である「マツダ3」に変更された。現行型は、アクセラから数えると4代目にあたる。 現行型のマツダ3は、マツダの次世代商品群の第1弾として登場した。現在のマツダのデザイン・フィロソフィーである「魂動」を深化させたスタイリングは、クルマのフォルムから不要な要素を削ぎ落とすという、日本の美意識に基づいた「引き算の美学」から生まれた。その美しさゆえ、2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。 日本仕様のパワーユニットは、スカイアクティブGと呼ばれるガソリンエンジンは1.5Lと2.0L、スカイアクティブDと呼ばれるディーゼルエンジンは1.8Lターボを、そしてeスカイアクティブXと呼ばれる火花点火制御圧縮着火(SPCCI)の2.0Lガソリンターボにマイルドハイブリッドを組み合わせたものを搭載している。

もっと見る

マツダ 3の記事

2021.05.06

【固有の優れた価値】マツダ3 e-スカイアクティブ-Xへ英国試乗 道へ調和する走り

エンジンに改良を受けたマツダ3。価格はやや高めながらハンサムな容姿と心地良いハンドリングで、候補に加えたい1台だと英国編集部は評価します。 ...

2021.04.30

【詳細/価格は?】マツダ3/CX-30一部改良 環境性能/乗り心地向上

一部商品改良がなされたマツダ3、CX-30が発売されました。環境性能と乗り心地が向上しています。 ...

2021.04.18

【画像】マツダ3 内装/外装等の画像/写真 107枚

マツダ3の内装/外装等の画像/写真をご紹介します。 ...

2021.03.25

【毎年改良のメーカーも】クルマの頻繁な「改良」メリット/デメリット OTA導入で頻度さらに高く? 

スバルやマツダは改良を頻繁におこなっています。システムを最新化する「OTA」導入で改良の頻度はさらに高くなる? ...

2021.02.21

【既存車の制御プログラム最新化】「マツダ・スピリット・アップグレード」開始

マツダは、制御プログラムなどの最新化サービス「マツダ・スピリット・アップグレード」を開始しました。 ...

2021.02.05

【マツダの真骨頂】マツダ3乗り比べ スカイアクティブD電動化に現実味

マツダの真骨頂、スカイアクティブD。このエンジンの電動化についてマツダ3の公道試乗を通じて考えました。 ...

2020.11.28

【やっとわかった進化の中身】マツダ3の走り、一気に向上 eスカイアクティブX搭載 明らかになった真相

スカイアクティブX。まだまだ、どのように接するべきか悩む方も? 2020年11月18日の商品改良の直前、じつは試乗していました。進化したといいます。 ...

2020.11.19

【改良新型に】マツダ3 SKYACTIV Xとディーゼルを、パワーアップ マニュアル仕様を拡大

「マツダ3」が、2020年モデルとしてマイナーチェンジを受けました。スカイアクティブXの進化、ディーゼル・エンジンの改良、足回りの変更をレポートします...

2020.11.02

【R360がモチーフ】マツダ3 100th アニバーサリーへ試乗 マツダ・ファンに捧げる1台

東洋工業時代から数えると、2020年に100周年を向かえるマツダ。それを記念し、乗用車生産の口火を切ったR360をモチーフにしたという、マツダ3の特別...

2020.07.25

【スカイアクティブ-XとGとを比較】マツダ3 2.0(最終回) 長期テスト

魅惑的な美しいデザインが与えられたハッチバック、マツダ3。歩道を往く人からの注目度も低くはありません。搭載するスカイアクティブ-Xの実力は、マツダが主...

人気テーマ

マツダの車種

車種をもっとみる