BMW i3のテスト・ショット

公開 : 2012.08.07 14:41  更新 : 2017.06.01 01:01

BMW i3は、その正式デビューまで12ヶ月だが、引き続きテストが行われている。

今回の猛暑の中でのテストでは、ダッシュボードを含めてインテリアの様子を知ることができる。プロトタイプでも見られたドライバーの目前にあるスクリーン・レイアウトは、プロダクション・モデルにも引き継がれることがわかる。

また、プロダクション・モデルのi3のリア・ドアは逆ヒンジのようにも見えるが、Bピラーを持つようにも見える。また、これらの写真からキャビンの床の高さも明らかになった。

i3のアルミニウムのシャシーの上には、カーボンファイバーのボディが乗る。そのシャシーにある、床の下のスペースにはバッテリー・パックが搭載される。

そのバッテリーを全て使い果たした時、i3はエンジンを発電機として充電することになるが、そのエンジンは姉妹車であるi8とは異なり3気筒エンジンは使用されてないことになる。噂ではオートバイ用の2気筒エンジンになるという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×