バッテリー寿命の不安から中古EVに懸念の声も 一部のモデルで急速な劣化、8年で寿命も?

公開 : 2022.11.30 06:05

EV用バッテリーの劣化について、英国のバッテリー解析業者は、8年程度で「寿命」を迎えることもあると発表しています。

8年以内で「寿命」迎えるケースも

EV(電気自動車)についてたびたび話題に上がるのが「バッテリー寿命」だ。英国の専門業者の調査によると、わずか8年でバッテリー寿命が尽きる車両もあれば、もっと早く寿命が来る車両もあるそうだ。

バッテリー性能解析を専門とする英国のシルバー・パワー・システムズ(SPS)社は、バッテリーのデータと健康状態を追跡・監視しているが、特に商用車として使用される車両群で性能に大きなばらつきがあることが確認されたという。

EVのバッテリー劣化具合は、中古車の販売価格にも影響する。
EVのバッテリー劣化具合は、中古車の販売価格にも影響する。

SPSの創業者で最高技術責任者のピート・ビショップ氏は、「1つの車両群でも、バッテリーの健康状態には最大10%のばらつきがあります。多くの商用車でバッテリー容量の80%が運用上の寿命とみなされることを考えると、10%の劣化はその半分に相当します」と述べている。

しかし、何をもって「寿命」とするかは、車両の使われ方によって異なる。同社のプログラム・マネージャーであるリアム・ミフスード氏は、次のように説明する。

「用途の決められた車両を運用する人は、おそらく80%を寿命とは見なさず、もっと長く使用するでしょう。また、遠出をしないのであれば、自家用車の所有者も80%で満足するかもしれません。しかし、70%になると、バッテリーの劣化が顕著になることが分かっています」

中古車価格に影響 販売車の対応は

SPSの調査結果は、テレマティクス・プロバイダーであるジオタブ社の調査結果とも一致する。同社もEVのバッテリー状態を測定しており、オンラインの比較ツール「EV Battery Degradation」でその結果を公表している。

このデータは、24のメーカーとそのモデルからなる6300台のEVに基づいたもの。ジオタブによると、製造後6年半の平均的なバッテリー劣化率は13.5%である。記録されたものの中には、BMW i3の3つのモデルイヤーがあり、最も古い2017年のものは、3年弱で16%という劣化率を示している。

バッテリーの劣化の速さは使用環境に影響を受ける。記事内のデータは英国内の実績である。
バッテリーの劣化の速さは使用環境に影響を受ける。記事内のデータは英国内の実績である。

一方、2014年式の日産リーフでは、ほぼ6年で23%の劣化が見られる。2015年式のテスラモデルSは、4年半で10%劣化していた。

AUTOCAR英国編集部は、ジオタブのデータを、英国内で個人が販売する中古車と比較してみた。すると、2012年式で走行距離16万4000kmの日産リーフでは、メーター内の残量計のバーが12本中8本しかなく、バッテリーが約30%劣化していた。その結果、所有者によるとこの車両の実走行距離は80kmにとどまるという。

5万3000km走行した2015年式のBMW i3は、19%の劣化が見られた。所有者は、フル充電でエコプロモードの場合、夏場の走行可能距離は135km程度だと主張している。2014年式で走行距離11万2000kmのテスラ・モデルSは、フル充電時の航続距離が新車時の450kmから435kmに減少していた。

これらの個人販売とは対照的に、英国内の中古車ディーラーはバッテリー容量や航続距離についてあまり積極的でないことがAUTOCARの調べでわかった。しかし、あるEV専門ディーラーは、最近、広告にバッテリーの健康状態を表示するようになった。ブリストル近郊に本拠を置くドライブ・グリーン社は、バッテリーモニターを使ってバッテリー証明書を作成し、車両と一緒に表示している。

2014年式で走行距離8万7000kmのルノー・ゾエの場合、96%という数値が示されている。営業担当者によると、このサービスを提供しているのは英国でこの店舗だけだそうだ。

しかし、この測定方法の信頼性については、懐疑的な見方をする業者もいる。あるEVディーラーはAUTOCARに対し、第三者のシステムで分析する前に、バッテリーがどのような状態であったかを知る必要があると述べている。

「温まったバッテリーは良い数字を出すので、販売者はまず車両を走らせてからチェックするんです。ディーラーが一般消費者に販売するだけでなく、ディーラー同士の売買でも同じようなことをしているのを見たことがあります。こうすることで、より良い価格で販売することができるのです。一番いいのは、車両の航続距離表示で行くことです。当社は何百台ものEVを販売していますが、これを基準にすると、毎年1~2%のバッテリー劣化が見られます」

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

日産 リーフの人気画像