スズキ・アルト・ターボRS

公開 : 2015.03.21 23:40  更新 : 2017.05.29 18:41

■どんなクルマ?

昨年12月に発売された新型アルトの高性能バージョン。本格的な走りを手頃な価格で提供し、心からクルマを楽しんでいただきたい、という自動車好きにとっては願ってもないコンセプトである。

その成り立ちはスポーティ・カーづくりの伝統にきわめて忠実である。まず、パワートレインは0.66ℓターボ+5AGS(オートギヤシフト)のみ。エンジンは、アルト搭載時に改良が施されたR06A型に過給器を取り付けたものだが、この過給器、ターボチャージャーも高効率化が図られている。たとえば、タービンの通路面積を縮小することでガス流速を早め、レスポンスを向上させるとともにターボラグを解消している。ラグは従来比20%抑えているという。

これにターボRS専用に変速チューニングを施した5速AGSを組み合わせる。5MTの設定がないのは、フェラーリにだってない時代である、当然といえば当然だろう。マニュアル・モード付きで、パドル・シフトが設定されているところがミソである。

ボディの補強はメーカー・チューンならではというべきで、ストラット・タワー・バーとフロント・バンパー・メンバーが付け足されている。フロント・サスペンションの取り付け部分の板厚アップも図られ、スポット溶接もおよそ30%増やしている。これらにより、アルト比でねじり剛性は+5%、ストラット取り付け部横剛性は14%アップしている。

駆動方式はFFと4WDの2種がある。FFの場合、サスペンションの前後にスタビライザーを標準で装備する。ブッシュを変更し、スプリング類は固められ、ロールを低減。KYB製の専用ダンパーを採用することで、しなやかな乗り心地と操縦安定性を両立しているという。

タイヤは、165/55R15のサイズこそ、フツウのアルトで一番高いグレードと同じだけれど、新開発のブリヂストンRE050Aが奢られている。RE050といえば、ドイツ・メーカーも採用しているブランドである。

 
最新試乗記

人気記事