ディスカバリー・スポーツ vs X3 vs XC60 vs サンタフェ

公開 : 2015.03.23 18:14  更新 : 2017.05.29 19:32

ランドローバーが作り上げた最新のディスカバリー・スポーツのスペック・シートから推察するに、その実力は並大抵のものではないと判断したわれわれは、果たして他ライバルとどのように渡り合っていくのかを確かめてみることにした。

「んー、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツのこと、あまり好きじゃないかも……」テストを開始してから30分間、筆者が感じていたことである。

フリーランダーの後継として存在しているはずなのに、なにしろ目の前に広がるインテリアが5年前のクルマのように感じるのだ。

鼻先におさめられた4気筒ディーゼルの放つ、悪い意味での存在感も、どことない古めかしさに拍車をかける。ざらついたエンジン音を聞いて、同クラスの最新かつ最も高価な選択肢であることに疑いが募っていく。

今現在、最強のミドルSUVと呼び声が高いBMW X3の縄張りを荒らそうと思えば、やはり並大抵の努力では不可能なのだな……とさえ思う。長所が1つ2つあるくらいで、’その気’ になっちゃあダメなのである、と。

それにディスカバリー・スポーツはドイツのライバルを見ているだけではまずい。利益率が高いだけに、ここ近年は様々なマニュファクチャラーがSUVゲームに参戦しているのだ。

他と比べることによってディスカバリー・スポーツの実力を見出すには、非常に広範囲から対戦相手を見つけてこなくてはならない。

ロンドンから北東にクルマを走らせると約1時間ほどのところにあるスウィドンにディスカバリーを連れ出す際に、まずボルボXC60を呼んでみることにした。

ボルボ内製の優れた経済性が自慢のD4エンジンを搭載したもので、4WDではないが、静かなる、しかし確固たる実力を秘めたクルマである。

次に呼んだのがヒュンダイ・サンタフェ。日本在住の読者にはあまり馴染みがないかもしれないが、ランドローバー同様にディーゼル・エンジンを搭載し、シートが7人分用意された4WDである。

ランドローバーほどのネームバリューや、オフロードの走破性を兼ね備えているわけではないが、バリュー・フォー・マネーに優れ、扱いやすいクルマであることは既にAUTOCARは知っている。

そして最後の1台は5人乗りの4WD版のBMW X3。このクルマこそ、ディスカバリー・スポーツが必死に努力して追い越さなければならないのだが、果たしでどうなのだろうか。

少なくともランドローバー・ディスカバリー・スポーツは多くのバイヤーから注目されていることは事実だ。イヴォークにそっくり過ぎる感は否めないが、まぁたしかに他に比べると興味深い容姿であることは認める。

まずはそれぞれの車両価格からおさらいするとしよう。ディスカバリー・スポーツが冠するHSEというグレード名はフラッグシップ・モデルであることを意味する。価格は£42,995(770万円)である。

 
最新試乗記

人気記事