アルピーヌA110-50はロータス製?

公開 : 2012.08.14 10:49  更新 : 2017.06.01 01:01

新しい・ルノーアルピーヌと、インフィニティ・エマージeという2台のスーパーカーのプロダクション・バージョンは、ロータスで生産されることになりそうだ。

インフィニティのエマージeは、コンセプト・カーであるロータス・エヴォラ414Eをベースとしたもので、デザイン・チーフの中村史郎も「ビルト・イン・ブリテン」であることを認めている。

一方、ルノーのマーケティング・ボスであるスティーブ・ノーマンも「ルノー-日産のアライアンスよりも、ロータスとのアライアンスは重要だった」とコメントしている。

つまり、エヴォラのプラットフォームの上に、両方のモデルは造られることになる。エマージeは、現在もエヴォラのプラットフォームと実験的な414Eのプラットフォームを使って開発されている。同じレイアウトはアルピーヌ・ルノーにも使われることになる。

共に生産されたとしてもそのボリュームは少ないものと予想されるが、フランスのブランドは数千単位の販売を予想しているともいう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×