ポルシェ911のマイナーチェンジをキャッチ

公開 : 2015.07.22 22:50  更新 : 2017.06.01 02:09

2018年にフル・モデルチェンジが予定されているポルシェ911だが、その前に今年の後半にフェイスリフトを予定している。この写真は、南アフリカのケープタウンでポルシェのエンジニアリング・チームがフェイスリフトする911のテストを行っている風景で、ターボチャージャー付きの新しいフラット6がなによりも特徴だ。

まだその詳細は明らかになっていないが、3.0ℓ未満のシリンダー・キャパシティで370psのパワーを発揮すると思われる。911カレラSには、420psまでそのパワーはアップされると思われる。

4つのプログラムが選択できるステアリング・ホイールのスイッチは、今回ポルシェが公式に発表した中でも初めての写真である。

スタイルの変化は、リデザインされたフロント・バンパー、より大きなエア・ダクト、LEDデイタイム・ランニング・ライトなどだ。また、ヘッドランプ自体の形状には変化がないが、グラフィックスは新しくなっている。

ドア・ミラーにはLEDのウインカー機能が追加され、レールランプも新しいグラフィックのLEDが採用される。そして、リアのバンパーは、エンジン・ベイからの熱気を吐き出すために新しくされている。

また、フェイスリフトされたカイエンで見ることのできる新しいマルチメディア・システムも採用される予定だ。

現在、開発中の4気筒ターボは、ボクスターとケイマンに搭載される予定で、現行の991タイプの911には搭載されることはなさそうだ。しかし、2018年に登場する新しい911に搭載されるかどうかは、現在検討中だという。