コンクールズ・オン・ザ・アベニュー

2015.08.11

text & photo:Keith Bluemel

 
8年目を迎えたコンクールズ・オン・ザ・アベニューは、絵画のように美しいオーシャン・アベニューとカーメル周辺の活気あふれる通りを舞台に、自由に入れる形式で開催された。このイベントは展示台数でショーの価値が高まっただけでなく、質的にも大きく進化しており、ウィークエンドに欠かせないイベントとして定着し、モントレーで開催される一連の催しはこれを皮切りに始まるのだ。

コンクールズ・オン・ザ・アベニューの開催は火曜日で、オーシャン・アベニューを満たした数々のモデルが、日常を離れた雰囲気を醸し出す。それを目にして来場者が喜ぶ姿は、クルマ趣味の特筆すべき一面でもあろう。

街路樹が続く道すがら、ブティックや雑貨店、レストランが連なる通り沿いや交差点に並ぶのは、26のクラスに分けられた200台をゆうに超える様々なモデルたちだ。ポルシェのトラクターから、ビーチバギー、カスタムカーにホットロッド、ラグナセカ・レースウェイから警察に先導されてやって来た色とりどりのシェルビー・マスタングGT350までいる。

ポルシェは、未レストアの356プリAベントウインドー・クーペから356スピードスター、カレラ・アバルト、新旧様々な911が並び、フェラーリのなかには400スーパーアメリカの限定仕様まであった。これ以外にも数多くのメーカーのヒストリックカーが集まり、その一部を挙げるだけでも、ジャガーはSS100、XK120、Eタイプ、トヨタ2000GT、アルファ・ロメオ1900CSS、OSCA MT4、マセラティ・ギブリ・スパイダー、ACコブラなどが展示されていた。

メーカム・オークションは、大きな交差点を利用し、出品リストのなかから主な車両を展示し、そこにはハラータルガ仕様の330GTS(S/N:10913:現在は工場出荷時のソフトトップに戻されている)もあった。

イベントのメイン・スポンサーをつとめたアキュラは、会場の一角に現行モデルを展示した。そこには眩いメタリック・レッドに包まれた新型NSXが来場者の目を釘付けにしていた。

2015年のコンクールズ・オン・ザ・アベニューのベスト・オブ・ショー・アワードには、1950年型チシタリア202MMカッソーネ・ベルリネッタの頭上に輝いている。

  • シェルビー・コブラ・クラスには数多くの毒蛇が集まった。

  • ラグナセカにエントリーしたシェルビーGT350が大挙参加した。

  • ストリート・コンクールながらレーシング・マシンのローラT160も参加。

  • レッドメタのフェラーリ275GTB/4はカーメルの街並に似合っていた。

  • フェラーリ400スーパーアメリカの限定仕様(S/N:5029SA)が登場した。

  • 落ち着いた色味のレッドが似合うフェラーリ250GTルッソ。

  • ポルシェ911はバーンファインドからミントまで数多くが参加した。

  • アメリカでお馴染みのポルシェ 550 スパイダーは人気を集めていた。

  • 貴重なポルシェ356B カレラGTL アバルトが姿を見せた。

  • 当時モンテカルロ・ラリーに参戦したポルシェ911カレラRSも展示。

  • FIA中東ラリー・チャンピオンを勝ち取ったポルシェ911 SCRS。

  • 未レストアのポルシェ356プリAベントウインドーは、ボロだがメカ的には問題なく、豪快にデモランを行った。

  • ベスト・オブ・ショーには1950年型チシタリア202MMカッソーネ・ベルリネッタが選ばれた。

  • 2月のボナムス・グランパレ・オークションで落札されたチシタリア 303 DFが、カーメルにやってきた。

  • 孤高の存在であるOSCA 1500 MT4モ参加し、その流麗なスタイルを来場者に披露した。

  • 元パン・アメリカン航空の地上作業車フォルクスワーゲンT2コンビは、当時の出で立ちのままで展示された。

  • アメリカの西海岸には少々場違いな感もあるコルチナ・ロータスMk-1だが、オリジナル度は極めて高い。

  • 今や億越えのクルマになってしまったランボルギーニ・ミウラも、存在感あふれる姿を見せた。

  • 一世を風靡したT型フォードは、デトロイトからサンフランシスコまでのツアー途中に立ち寄った。

  • アメリカらしくビレッドでカスタムされたマーキュリー・リードスレッドも展示スペースに並んだ。

  • メイン・スポンサーをつとめたアキュラは新型NSXを展示し、が来場者の目を釘付けにしていた。

 

人気記事