レクサスLSを一部改良

2015.09.25

レクサスは、LS600h、LS600hL、LS460ならびにLS460Lを一部改良し、9月25日から発売する。

今回の一部改良では、12.3インチ・ワイド・ディスプレイに地図の全画面表示を可能にしたほか、画面の右側に簡易操作画面を設定し、利用頻度の高い地図、オーディオ、電話、燃費、エアコンの各機能をワンタッチで呼び出せるなど操作性を向上させている。

ナビゲーション・システムには、LTE方式の通信モジュールを採用。通信の高速化および、音声とデータの同時通信を実現した。また、VICS WIDE対応となり、FM多重放送による渋滞情報の提供拡大や精度向上に伴い、より正確な探索ルートを提供するほか、新たに緊急情報(特別警報)や気象・災害情報などが提供される。

リモート・タッチについては、新たに操作ボタンを追加した。

また、従来のスポット溶接よりも溶接打点間の間隔を詰めることができるレーザー・スクリュー・ウェルディングの範囲を拡げ、また、ボディを面で結合し、たわみを抑える構造用接着剤の採用範囲を拡大することでボディ剛性を高め、操縦安定性の向上を図っている。

価格は、8,548,000円から15,954,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×