スバル、フォレスターおよびXVの改良モデルを公開

2015.10.06

スバルは、フォレスターおよび、XV/XVハイブリッドのマイナーチェンジ・モデルを下記特別サイトで公開した。正式発表は、10月28日の東京モーターショー・プレスデーで行う。

フォレスター
フォレスターは今回の改良により、アイサイト(ver.3)や新開発のアダプティブ・ドライビング・ビーム採用ヘッドランプ、スバル初となるLED ハイ&ロービーム・ランプ、ステアリング連動ヘッドランプを装備するなど、安全性能を向上している。

エクステリアはヘッドランプやグリルを中心にフロント・フェイスを刷新。

インテリアはシルバーとピアノブラック調の加飾パネルにより質感を向上。ほかにもカラー液晶マルチインフォメーション・ディスプレイやSiriアイズフリー対応SDナビ、リア・シートヒーターを採用したほか、ドア・ガラスの板厚アップを行い静粛性を向上した。

走行性能については、シャシー強化、サスペンションの最適化、ステアリング・ギヤ比を従来の15.5:1から14.0:1に変更、アダプティブ・トルクベクタリングを採用(ターボ・モデル)しコーナリング性能を高めた。NAモデルについては燃費性能向上を果たし、CVT車は16.0km/ℓを達成。AWDモデルのカテゴリーではトップ・レベルになった。

安全面では、アイサイト(ver.3)、アドバンスド・セーフティ・パッケージ、スバル車初のLEDハイ&ロービーム・ランプなど装備を充実。

ボディ・カラーは、新たにダークブルー・パール、セピアブロンズ・メタリックが加わっている。

価格は2,149,200円から3,128,760円。

XV/XVハイブリッド
XVおよびXVハイブリッドは今回の改良により、エクステリアを一新したほか、総合安全性能を高めている。

エクステリアは、よりシャープなフロント・マスクに刷新し、ガソリン車には専用17インチ・アルミ・ホイールを採用。ガソリン車2.0i-Lアイサイトにサンルーフを展開するほか、2色の外装色を追加した。

インテリアは、ピアノブラック調パネルと金属調アクセントによりコントラストを強調している。

安全面では、アイサイトの前方検知にくわえ、リア・ビークル・ディテクション、ハイビーム・アシスト、SRSサイドおよびカーテン・エアバッグを搭載した。

価格は、2,289,600円から2,862,000円。

なお、今回の発表会は、スタイリストである平健一のコーディネートのもと進められた。スバル関係者はもとより、会場もまたアウトドアを中心としたコーディネートとなり、スバルから連想されるライフスタイルを提案した。

併設されたテスト・コースでは悪路を想定したアトラクションが準備され、訪れたカスタマーは同乗するチャンスがあった。AUTOCAR編集部もテスト・ドライバーによる運転のもと、助手席試乗ができた。

試乗に供された新型フォレスターはかなりの水深の水たまりや急傾斜をスムーズに走破していた。淡々と技術説明をしてくれるテスターからも、並々ならぬ自信が伺えた。

スバル・フォレスター特別サイト:
http://www.subaru.jp/forester/special/
スバル・XV特別サイト:
http://www.subaru.jp/xv/special/


▶ 2015 東京モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×