アルピナB7は来年早々にデビュー

公開 : 2015.10.23 22:20  更新 : 2017.06.01 01:42

アルピナは7シリーズ・ベースのハイパフォーマンス・モデル、B7を来年早々に登場させる予定だ。BMW 7シリーズにはMディビジョン・モデルがないために、7シリーズをベースとした唯一のハイパフォーマンス・モデルとなる。

アルピナはBMWの風洞でテストを行っており、その結果として、深いフロント・スポイラー、より大きなエア・インテイク、小さなブートリッド・スポイラーなどが新たに与えられている。

エンジンはB5およびB6に採用されている4.4ℓのV8ターボが搭載される予定で、600psをマークする。また、7シリーズという重いボディに合わせて610psほどにパワーアップされるかもしれない。そうなれば、アルピナ史上、最もパワフルなモデルとなる。トランスミッションはZF製の8速オートマティックで、ステアリング・ホイールの後ろに付けられたパドルでコントロールできる。

アルピナのCEO、アンドレアス・ボーフェンジーペンは、中国向けにより小さなエンジンを搭載したモデルも計画していると明らかにしている。これは、中国の税制を掻い潜るもので、エンジンは同じV8ながら4.0ℓというキャパシティとなる。

アルピナは2014年に1,700台というセールスを記録したが、今年は2,000台にまで増やしたいと考えている。そのためには、中国での生産がキーになるとされる。