マツダ・ロードスターRS

公開 : 2015.11.16 23:40  更新 : 2017.05.29 19:13

■どんなクルマ?

ロードスターに追加された“RS”はロードスターのトップスポーツモデルという位置づけであるだけでなく、ビルシュタイン社製ダンパーとレカロ社製シート……というドイツの有名2ブランドのパーツが標準装備される点が、マニア的には大注目だろう。そのほかにもフロントのストラット・タワーバーや1インチ拡大された大径ブレーキなどもRSならではの新装備だが、これらはすべて現時点で他グレードにはオプション設定もないRS専用装備となる。

……と、本サイトを定期的にチェックしていただいている向きなら、すでにお気づきかもしれない。ビルシュタイン、レカロ、タワーバー、大径ブレーキ……といったRS専用装備は、大半が海外仕様の2.0ℓモデル用として設定されているもの。RSの成り立ちを簡単にいうと “海外用2.0ℓに準じたシャシーに、1.5ℓエンジンを積んだロードスター” である。

また、吸気系から枝分かれさせた樹脂パイプで、音質や音量を調整して室内に導く“インダクションサウンドエンハンサー”もRSでは標準装備される。ただ、これは以前から販売店オプションとして用意されている。

■どんな感じ?

いちいちウンチクを語る昨今のマツダらしく、自慢のレカロ・シートも汎用品をポンづけしたものではない。座面高は数値的には標準シートと同じで、シートバックも幌の開閉操作を考慮して、肩まわりの自由度を高めた専用デザインである。ロードスターは標準シートも悪くないデキだが、さすが面圧分布までレカロ独自のノウハウが活かされている感がある。強力に押さえつけるのではなく、しっとり吸いつくホールド性は、シート単体では確実に標準シートより好印象だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事