スズキ・スイフト1.2 SZ4 4×4

公開 : 2016.02.08 23:40  更新 : 2017.05.29 18:41

エンジンと内装の改良で、4WDのスズキ・スイフトは冬の覇者になりうるか? 英国内で精査する。

■どんなクルマ?

アップデートされた4WDのスズキ・スイフトは、‘デュアルジェット’ 技術を手にした。1.2ℓのガソリン・エンジンは90psを発揮。4WDを合わせるには、必然的にトップ・グレードのSZ4を買わなければならない。

デュアルジェット・エンジンが生みだすパワーは、フル・タイムの4WDを介して(当然)4輪に伝わる。必要な時がきたら、追加分のトルクを後輪に送る仕組みを採用している。

デュアルジェットはそもそも、2つの燃料インジェクターを使用する、という意味で命名された。インジェクターをエンジンのインレット側に近づけたのは、もちろん燃費向上を考慮した結果だ。

これだけで(といってもかなりの努力がなされているのだが)、複合サイクル燃費は2.7km/ℓ向上。CO2排出量は111g/kmまで下げられた。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記