アウディA4アバント2.0 TFSI Sライン

公開 : 2016.02.08 23:45  更新 : 2017.05.29 18:14

洒落っ気たっぷりの新型A4アバントは、思わず期待できるだけの素材がそろっている。ただ、ライバルの方が運転していて楽しい。

■どんなクルマ?

新型のアウディA4がイギリスに到着したのは昨年のこと。ほかのモデルと外観を共通させることは、アウディにとって避けられないものだった。

セダンにつづき、アバントが追加。さらにオールロードが加わったあとに、A5クーペ、A5カブリオレ、A5スポーツバックがラインナップされる。

もちろんRS4の存在も忘れてはならない。

エンジンはサルーンのラインナップを反映。4気筒のガソリンに加え、4/6気筒のディーゼルが並び、駆動方式はFFと4WDの2種。6速MTと7速Sトロニック・デュアル・クラッチATが選べる。

今回のテスト車両はとても興味深い。

2.0 TFSIエンジン(190ps)には7速オートマティック・ギアボックスを組み合わせ、駆動方式はFFだからだ。経済性よりもパワーを重視しているのに、クワトロではないのは珍しい。

関連テーマ

 
最新試乗記