アウディA4をフルモデルチェンジして発売

2016.02.08

アウディ ジャパンは、ミッドサイズ・セダンのアウディA4をフルモデルチェンジし、2月19日より発売すると発表した。

新型は、MLB evoプラットフォームをベースに、新世代の安全システム “アウディ・プレセンス” を導入している。また、0.23を達成したCd値と、120kgにおよぶ軽量化、新たな燃焼方式の2.0TFSIエンジンにより、従来型にくらべ33%の燃費効率向上を果たした。

ラインナップはFWDとクワトロの2種類で、それぞれにスタンダードとスポーツというグレードが用意される。

外観では階段状の段差があるヘッドライトが特徴で、オプションでLEDおよびマトリクスLEDにアップグレードすることができる。

エンジンはいずれもガソリン仕様で、2.0ℓTFSI 4気筒エンジンのスペックは、FWD車が最高出力190ps、最大トルク32.6kg-m、クワトロは252ps、37.7kg-mを発揮。燃料消費は1.4ℓクラス並みにおさえ、パフォーマンスは2.0ℓのメリットを活かすという新しい燃焼方式を導入している。

クワトロのシステムは、セルフロッキング・センターデフが、通常走行時は前40:後60にトルクを振り分け、状況に応じ最大で前70:後30から前20:後80の範囲で配分する。

トランスミッションは、全モデルが7速Sトロニック(デュアルクラッチ)に変更された。燃費は、FWDが18.4km/ℓ、クワトロが15.5km/ℓ(いずれもJC08モード値)。

クワトロの0-100km/h加速タイムは5.8秒だ。

日本仕様の価格は、FWDが5,180,000円、同スポーツが5,560,000円。クワトロが5,970,000円、同スポーツが6,240,000円。

▶ 徹底解説 / アウディA4

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース