フィアット・パンダに105bhpのツインエア

公開 : 2012.10.31 11:31  更新 : 2017.06.01 01:04

第3世代のフィアット・パンダに、現行の100hpのツインエア・エンジンに代わって、105bhpを発揮する0.9リッターのツインエア・エンジンが搭載されることになるだろうと関係者が明かした。

この新しい105bhpのツインエア・エンジンは、近いうちにフィアット500Lに搭載されることから始まって、パンダにも搭載されることになるという。また、このパワーアップしたエンジン搭載に併せて、サスペンションはリファインされることになろうと関係者はコメントしている。

また、スポーティなエクステリアおよびインテリアへの変更も、この新エンジン搭載と同時に行われることとなる。