マクラーレン675LT MSO カーボン・シリーズが公開

公開 : 2016.06.08 22:50  更新 : 2017.06.01 01:30

マクラーレンのMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーション)は、限定モデルであるマクラーレン675LT MSO カーボン・シリーズを公開した。

ジュネーブ・モーターショーにて公開されたカーボン・ボディのP1につづくこの特別モデルの全世界における生産台数はわずか25台。ちなみに既に売り切れだ。

エンジンは675LTと同じ3.8ℓのV8ツイン・ターボであり、最高出力は675ps、最大トルクは71.3kg-m。0-100km/hタイムは2.9秒、最高速度は327km/h。

基準車に比べるとカーボン・パーツが40%程度増えており、設計と生産はMSOチームが担当する。

大きなスプリッター、エンド・プレート、フロントのアンダーボディ、サイド・スカート、サイド・インテーク、リア・ボディサイドの低い部分、リア・フェンダー、リア・デッキ、リア・バンパー、ディフューザー、‘ロングテール’ エアブレーキ、Aピラー、ボンネット、リア・デッキ、サイド・ブレード、前後フェンダー、フューエル・キャップまでカーボン製。折り目が美しく見えるよう光沢のあるフィニッシュとなる。

また、電動のリトラクタブル・ルーフやトノ・カバーも光沢仕上げのカーボン製となる。‘トラック・テレメトリー’ と呼ばれる、3つのサーキット用カメラを備えるパッケージも標準である。最初のデリバリーは今年の終わりと予想される。


▶ 海外ニュース / マクラーレン、MSOバージョンの675LTスパイダーとP1をジュネーブで公開

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事