次期アウディA8をノルドシュライフェでキャッチ

公開 : 2016.06.20 04:55  更新 : 2017.12.14 12:31

パフォーマンス・テストを行っている次期アウディA8をノルドシュライフェにてキャッチした。ドイツの公道を走行していた1ヶ月後の出来事である。

デビューは来年といわれており、MLBエボ・プラットフォームを使用する可能性が高い。また60km/h以下ならば自動運転も可能のようだ。

かなりぶ厚いカモフラージュが施されているが、デザインはアウディ・プロローグ・コンセプトに近いものとなるようだ。よってスリムなヘッドライトにテールライト、さらに大きなフロント・グリルを組みあわせることになるだろう。どちらのクルマもマーク・リヒトによるデザインであるから、不思議な話ではない。

エンジンはターボチャージドV6とV8を軸とし、W12ユニットも選べるのではないかとインサイダーは語る。電気ターボ技術によってターボ・ラグを削減するようだ。またフル電気走行が可能なプラグイン・ハイブリッドを市場が必要としていることも理解済みのようだ。

ジェスチャー・コントロールや最新のオーガニックLEDヘッドライト、48Vの電気システムなどSQ7に用いられるテクノロジーも採用されるだろう。

エントリー・グレードの価格はまだ発表されていないが、£63,520(970万円)という価格からは大きく変わらないだろう。ただし先端技術が用いられる上級グレードは、値上がりする可能性がある。

新型A8に関する過去の記事は以下から。


▶ 海外ニュース / アウディA8は「マイルド・ハイブリッド」トランスミッションを搭載
▶ 海外ニュース / ポルシェ、次期V8ツインターボ・エンジンを公開
▶ 海外ニュース / 次期アウディA8、自動運転システムを搭載

関連テーマ

人気テーマ