新型ボルボV40/V40クロスカントリーが販売開始

2016.07.05

ボルボは、新型V40、V40クロスカントリーを本日より発売する。

2013年に導入を開始した新型V40シリーズは、日本では、今年6月末までに累計で26,974台を販売し、日本におけるボルボの最量販車種となり、ブランド を代表するモデルのひとつとなった。

新型V40シリーズは、エクステリアではフロントフェイスを一新。新型XC90を想起させるグリルや北欧神話由来の ‘トール・ハンマー’ を模したT字型のLEDヘッドライトを全グレードに標準装備している。

また、ボルボのコア・バリューである安全性においては、2014年に歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10アイテムを超える先進安全機能を全車に標準化しており、このセグメントにおいては最高レベルのセーフティ・テクノロジーを採用してきた。この度、新たに歩行者エアバッグを全車に標準装備化したことで、より高い安全性を実現している。

1.5ℓ4気筒ガソリン・ターボには6速ATが、2.0ℓ4気筒ディーゼルとガソリンには8速ATが組みあわされるのはV40/V40クロスカントリーともに共通だ。

V40が3,390,000円〜4,550,000円。V40クロスカントリーが3,540,000円〜4,590,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事