スバルBRZをマイナーチェンジし、限定車とあわせて発売

2016.07.05

スバルは、大幅改良を施したBRZを発表し、8月1日より発売する。

今回の変更では、エンジン本体と吸排気系を改良するとともに、シリンダーヘッドとブロック結合部の剛性を強化。MTモデルでは最高出力を7ps、最大トルクを0.7kg-m向上したほか、ファイナルギア比を変更し、加速性能を高めている、

また、ボディの剛性強化、コイルスプリングのバネ定数改良、ダンパー内部構造および減衰力変更、リア・スタビライザー径の拡大を行い、操作応答性および操縦安定性、乗り心地を大幅に向上した。

エクステリアは、航空機の翼端板をモチーフにしたバンパーにデザインを改め、前後ランプのフルLED化をするなど、質感を向上。

インテリアは、インストルメント・パネル、ニーパッド、メーターパネル・バイザーにレザー調素材を採用したほか、随所にレッドステッチを施した。また、一部グレードには、4.2インチ・マルチ・インフォメーション・ディスプレイを新採用している。

価格は、2,430,000円から3,029,400円。

なお、ブレンボ・ブレーキと、SACHSダンパーを採用した最上級グレードのBRZ GT(写真:赤の車両)が、秋に発売される予定だ。

そのGTをベースとした100台の特別仕様車、イエロー・エディション(写真:黄の車両)は先行予約を7月7日から開始する。

イエロー・エディションの価格は、3,369,600円から3,429,000円。

新型BRZ Sおよび、GT(プロトタイプ)の試乗は下記のリンクで確認できる。


▶国内初試乗 / スバルBRZ S

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事