マツダCX-3新型は、あの色でイメージチェンジ

2016.10.14

マシーングレー・プレミアムメタリックのマツダCX-3。もともと無駄をそぎ落とした美しさを持つCX-3だから、鋭く輝く金属調のカラーリングがよく似合うと思いませんか?

本日マツダCX-3の商品改良車が発表され、特別仕様車のXDノーブル・ブラウン(写真)とともに11月24日から発売される。

今回の改良では、G-ベクタリング・コントロール、ナチュラル・サウンド周波数コントロール、歩行者検知が可能になったアドバンスト・スマート・ブレーキ・サポートなどを全車に標準装備し、商品力を高めている。

新型デミオと同様にこちらもアダプティブLEDヘッドライトが、左右各11パッケージの連続配置となり、夜間視認性能を大幅に向上させている。これでハイビームを基本とした走行に二の足を踏む必要もない。ヘッドライトを煌々と輝かせ、闇を切り裂くCX-3というのもサマになるだろう。

快適性能では、運転席10wayパワーシート&シートメモリーが、シートポジションと連動してアクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フルカラー化)の角度、明るさ、ナビの表示設定なども登録できるようになった。

視覚のマジック、特別仕様車のホイール

新型で気になるのは、特別仕様車に採用された高輝度ダーク塗装のホイールだ。じつはサイズ上は切削加工のものと同じ18インチであるが、「視覚的に大きく見える塗装の仕方をした」というだけあって存在感が際立っている。とくにマシーングレー・プレミアムメタリックの外装色と相性がいい。

特別仕様車のシート素材は、しっとりとした触感のナッパレザーとスエード調人工皮革を採用した。実車を目にすると、内外装ともにまるで高級車のようなムードをかもしだしている。

新型マツダCX-3の価格は、2,376,000円から3,034,000円。特別仕様車のXDノーブル・ブラウンが2,840,400円から3,066,400円だ。

発表会に登壇した福原和幸常務執行役員(写真中央)は、新型デミオとCX-3の導入に関連して、これまでと違うマツダの購入層について見解を示した。

「マツダを取り巻く環境がかわってきた。ひとつは輸入車を検討している方、または輸入車のオーナーがマツダに来てくれるようになった。それから同一車種に乗り換える人が増えてきている。例えば短期間でCX-5からCX-5へ乗り換える方がいて、これまでのマツダにはなかった動きだ」

「こうした方々は現状のクルマも気に入っているが、より良いものに乗りたい。新世代商品は中古車市場における残価が高いので、少ない負担で同一車種へ乗り換えができる。これも、新しい技術を最速で提供するマツダならではの展開だ。常に最新のマツダを提供し、お客様の変化に対応したい」


▶ 国内ニュース / ワインレッドのデミオも登場、新型マツダ・デミオ発売

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース