【上質なクロスオーバーSUV】マツダCX-30 タイのカー・オブ・ザ・イヤー2020受賞

公開 : 2020.11.30 06:25

マツダのコンパクトクロスオーバー、CX-30がタイのカー・オブ・ザ・イヤー2020を受賞しました。60名以上の自動車ジャーナリストによる審査の結果、マツダとしては3度目、2年連続の受賞を果たしました。

上質なインテリアと魂動デザイン

text:Takuya Hayashi(林 汰久也)

マツダは、コンパクトクロスオーバーのCX-30がタイ自動車ジャーナリスト協会主催のタイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2020を受賞したと発表した。

マツダ車が同賞を受賞するのは、2019年にマツダ3、2016年にCX-3が受賞して以来3回目で、2年連続となる。

マツダCX-30
マツダCX-30

同社によると、CX-30は60名以上の自動車ジャーナリストによる審査の結果、最終候補の7車種の中から1位に選ばれたという。

2019年に発売されたCX-30は、SUVとしての大胆なプロポーションと、マツダの「魂動」デザインを採用したエレガントなスタイリングが特徴だ。

大人4人が十分に座れるスペースや静粛性の高さ、細部にまでこだわった上質なインテリアなど、乗員の快適性にも焦点が当てられている。

パワートレインはガソリン、ディーゼル、そして新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」の3種類を設定。前輪駆動と四輪駆動を選ぶことができる。

2.0Lガソリンは156psと20.3kg-mのトルク、1.8Lディーゼルは116psと27.5kg-m、スカイアクティブXは180psと22.8kg-mを発揮する。トランスミッションは6速ATと6速MTを用意している(ディーゼルはATのみ)。

CX-30のタイ仕様車は、2020年2月からオートアライアンス(タイランド)Co, Ltd.にて現地生産を行っている。

マツダは次のように述べている。

「当社は、クルマの本来の魅力である“走る歓び”にあふれたカーライフを通じて、お客様の人生をより豊かにし、お客様との間に特別な絆を持ったブランドになることを目指していきます」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事