ホンダ・ステップワゴンModulo X

公開 : 2016.11.02 05:55  更新 : 2017.05.29 19:09

■どんなクルマ?

2012年12月のN-BOX Modulo X、2015年7月のN-ONE Modulo Xに継ぐ第三弾のModulo XとしてステップワゴンにもModulo Xが追加された。そもそのこのModulo Xとは、ベースとなる車両に、専用サスペンションや専用エアロ・パーツを最初からメーカーで組み込んだコンプリート・カーという位置づけとなる。企画はホンダの純正アクセサリー・メーカーであるホンダアクセスによるものだ。

今回、ステップワゴンに設定されたModulo Xは、SPADAに対して15mmほど車高が下げられ、バネの堅さとアブソーバの減衰力に変更を加えたサスペンションが専用装備となる。また、SPADAの上位モデルにのみの設定だった17インチ・アルミホイールもセットされる(デザインはModulo X専用)。

これに合わせ、大開口グリルの採用や、エンジン・アンダーカバーの小型化などによって、正面からの風をエンジン・ルームからアンダーボディに流し、ボディ下部に付けられたフィンで整流するなどして、直進安定性を高める工夫もされている。具体的には、フロント・エアロ・バンパー、エンジン・アンダーカバー、リア・ロア・ディフューザーがこのModulo Xのために専用品というカタチだ。

更に、エクステリアでは、フロント・グリル、フロント・ビーム・ライト、LEDフォグランプ、リア・エンブレムが、インテリアではModulo Xロゴ入りブラック・コンビ・シート、本革巻ステアリング、本革巻セレクト・レバー、ピアノ・ブラック調インパネ・ミドル・パッドなどが専用の装備として取り付けられる。そして、9インチのプレミアム・インターナビ、ドライブ・レコーダー、ETCなども最初からセットされることになる。


関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事