日本最大級のペットショー「インターペット」に各メーカー、インポーターが出展

2017.03.30

いまや子供の数よりペットの数のほうが多いというご時世。3月30日から4月2日まで、東京ビックサイトで行なわれている日本最大級のペットショー、インターペットにも6社の国産メーカー、輸入車インポーターが特別専用モデルや、コンセプト・モデル、そしてペット用品を取り付けたモデルを展示していました。

限定20台のカングー・ウィズ・ペット

ルノーは、限定20台のカングー・ウィズ・ペットを展示した。このモデル、カングー・ゼンATをベースとしながら、2DIN SDナビゲーション、リア・カメラの他、専用ラゲッジ・マット、専用CAVANA製シート・カバー、専用ロゴ・ステッカーを装備。更に、イオンペット獣医師が監修したお出かけアイテム7点もプラスして装備される。この7点は、ルームinわんタッチ・ドッグラン、ドンパックプラス、クルゴ・ロフトシリーズ・ハンモック、パッカブルベット、シートベルト・アタッチメント、ベルトチューブ、オリジナルお手入れキットで構成される。

これらの特別装備にもかかわらず、価格はベース・モデルのカングー・ゼンATと同じ2,415,000円とかなりお買い得なモデル。従って、ジョン・アグリュム、ブルー・エトワールMの各色10台、合計20台という限定モデルで、申込期間は本日から4月17日だが、申込多数の場合は抽選となるという。

また、ルノー・ジャポンとイオンペット株式会社は、昨年共同で、災害発生時にいち早く被災現場へ獣医師や動物看護師、トリミング技術者を派遣し、ペットの救命活動やケアを行うことができる特別仕様のカングー・ドクターカーを発表したが、このクルマも展示されていた。

可愛いコスプレがされたシエンタと愛犬との記念撮影

トヨタは、全身を毛皮で覆った風のデコレーションを施し、耳と尻尾をつけたシエンタを展示。愛犬と一緒に写真をとることができるサービスを行っていた。明日からの一般公開日には長い行列ができることが予想される。また、通常のシエンタにトヨタ純正用品のドッグ用品と、カーグッズ通販サイト、ハピカラからペット関連グッズを装備したシエンタも展示していた。

ボルボの母国スウェーデンは動物福祉先進国

ボルボはXC90とV90を展示。他のメーカーと異なるのは、他がどちらかと言えばペットと共にクルマに乗ろうというコンセプトなのに対し、ステーション・ワゴンの老舗らしく犬は犬でちゃんとしたクルマ専用のケージに収めるという考え方を打ち出していた。シューティング・ブレークなどに見られるような狩猟犬を収めるがっしりとしたケージがいかにもボルボらしいといったところか。ボルボの「愛犬と車でお出かけAtoZ」というパンフレットには「愛犬をフリーで車にのせるのはゼッタイにNG!」という強いメッセージもあり、約30kgの大型犬を乗せている最中に40km/hで衝突すると犬が突然1トンの重量物となってドライバーや同乗者を襲うという説得力のあるコメントもあった。

また、スウェーデンのインテリア・ブランドであるinnovatorとコラボレーションしたボルボ・オリジナルのペット・グッズも展示していた。


フォスクスワーゲンはトゥーランでペット用品を展開

フォルクスワーゲンは、トゥーランに純正のペット用品を装備したモデルを展示していた。

ペットと共に泊まれるリゾートを紹介していたメルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツはVクラスのロング・ボディにペット用品を装備したモデルの展示を行っていた他、メルセデス・ベンツ・コレクションからメルセデス・ベンツのロゴの入ったキャリーを初め、いくつかのペット用パーツを持ち込んでいた。更に、メルセデスらしく、ペットと一緒に泊まれる高級リゾートの案内もしていた。

純正パーツ・メーカー、ホンダ・アクセスはコンセプト・モデルを展示

ホンダは、用品メーカー、ホンダ・アクセスが主体となって、コンセプト・モデル、フリード+Dogコンセプトを展示した。このコンセプト・モデルは、ビルト・イン・スロープ、ビルト・イン・ウォーターサーバー&ダスト・ボックス、オートサイド・ステップfor DOG、冷暖ペッドfor DOG、オートチャージャー掃除機、全方位みまもりモニター、専用フロア・カーペット・マットなどを装備したモデルで、このコンセプト・モデルに装備された商品の評判などから、順次、純正アクセサリーに落とし込んでいきたいとしていた。また、ステップワゴン・モデューロX Honda Dogバージョンとして、既に純正アクセサリーとして販売されているパーツを装備したモデルの展示も行った。

インターペット・アワードには前田敦子さん

このインターペットは今年で7回目を迎えるが、2年前から始まった「ペットとの素敵なライフスタイルを実現している著名人」を表彰するインターペット・アワードには、自らメスのアメショーのポッツと、オスのシャム、ロジャーの2匹の愛猫と過ごす前田敦子さんが選ばれた。また、前田さんの自家にはネコ11匹、イヌ5匹が飼われているという。表彰式にはボッツも登場し、前田さんと一緒に撮影に応じていた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事