買うならどっち? マツダMX-5 RF(新車) vs メルセデス・ベンツSLK(中古):後編

公開 : 2017.07.02 11:40

後編です。£25,000(364万円)で2座のオープンカーを買うとしたら、マツダMX-5 RF(新車)とメルセデス・ベンツSLK(中古)、どっちを買いますか? 結果をだしましょう。

走らせて感じる、両者の立ち位置

それでは、2台を走らせよう。

MX-5はエンジンをかけると、かすかな振動がキャビンに伝わる。走り出しのエンジン音は穏やかだが、1500rpm辺りからは駆り立てられるものを感じるようになる。

3000rpmからレッドゾーンが始まる6500rpmではゾクゾクするようなスロットルレスポンスや十分なパワー、ややうるさいがレーシーなサウンドが味わえる。

さらに楽しいのが、ショートストロークの6速MTだ。ためらいなくアグレッシブにシフトしても、うれしくなるほどのメカニカルなアクションは損なわれない。

SLKのAMGスポーツ仕様に標準装備されるスポーツエグゾーストは、低速域での呻りは多少抑えられているが、回せばターボ特有のサウンドが加わった咆哮を轟かせる。

回転が上がるにつれてかなり騒々しくなるが、品のないものではなく、ただしマツダのようにレーシーな性格のそれでもない。2000rpmから力強く突き進み、ターボラグはわずか。しかし、6000rpmに達すると加速はやや鈍る。

2台とも等しく活発に走るが、SLKの7速トルコンATはその妨げになることがある。キックダウンはシャープさが足りず、パドルシフトへの反応は1秒ほど遅れる。

とはいえ変速そのものは速く、スポーツとマニュアルの各モードではエグゾーストノートを響かせる演出も入る。

シャシーの感覚はどうだろう?

関連テーマ

 
最新試乗記