アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2.2ℓディーゼル「2.2D」 試乗記

公開 : 2017.08.07 11:40  更新 : 2017.08.07 12:23

アルファ・ロメオ・ステルヴィオの2.2ℓディーゼル「2.2D」に試乗しました。ディーゼル、どうでしょう? AUTOCARとしてはガソリン推しです。

■もくじ

どんなクルマ?
2.2ℓディーゼルを積むステルヴィオ

どんな感じ?
気になる2.2ℓディーゼルの実力
アルファ・ロメオに求めることと、現実
乗り心地、実用性は好印象

「買い」か?
ステルヴィオならガソリン推し

どんなクルマ?

2.2ℓディーゼルを積むステルヴィオ

いまわれわれの前にあるのは、アルファ・ロメオ・ステルヴィオのディーゼルエンジン仕様の中でもトップレンジのモデル。

イタリア北部の、クルマの名前にもなった名高いアルプス(アルピーヌ)の山岳路でテストした。

搭載するオールアルミ製の2143ccディーゼルエンジンは、210psにチューニングし直され、4輪へと駆動力が伝達されてはいるものの、既にテストしたアルファ・ロメオ・ジュリアに搭載されているものと同じだ。

スペック上は目を引くような数値が並び、0-100kmh加速は6.6秒でありながら、燃費は20.8km/ℓ、CO2の排出量は127g/kmという経済性と環境性能となる。

力強いディーゼルエンジンを持つステルヴィオには、
・£38,490(555万円)の「スーパー」
・£42,290(610万円)の「スペチアーレ」
・£43,990(635万円)の「ミラノ・エディツィオーネ」(テスト車)
の3つのトリムレベルが提供される。

「ミラノ・エディツィオーネ」は、280psを誇るトップレンジのガソリン車に次ぐ価格だ。

 
最新試乗記

人気記事