お手頃ドライバーズカー選手権(4) BMW M140i vs ホンダ・シビック・タイプR

公開 : 2017.09.17 17:10  更新 : 2017.09.18 14:05

予選最終ラウンドは、直6・FRと直4・FFの対決。それだけ聞けば勝負にならないように思えますが、後者は栄光の赤バッジを与えられた最新のシビックです。ウサギとカメのような大番狂わせはあるのか。クルマ好きなら、必見の戦いです。

もくじ

走りの天才か、努力の結晶か
飛ばすほどに見えるM140iの限界
まさかの曖昧なフィーリング
タイプRの名に恥じない性能 ルックスは…
セッティングとボディサイズには不満も
カメはウサギを降した

走りの天才か、努力の結晶か

スペック表の上では、勝負になるとは思えない組み合わせだ。


BMW M140iは、本質的にパフォーマンスカー向きだ。6気筒を積む後輪駆動で、重量配分にも優れる。実用車がベースだということを忘れそうだ。対するホンダ・シビック・タイプRは、パフォーマンスに主眼を置いて考えれば、明らかに、そして本質的に誤りがある。前輪駆動で、エンジンルームにはどう頑張っても6気筒を収める余地などない。しかも、エンジンの重量はフロントアクスルにすべてのしかかる。そんなシビックをスポーティに仕上げるべく、ホンダはこれまで血と汗のにじむような努力を重ねてきた。

しかし時として、そんな努力や積極性が天賦の才を超えることがある。一心不乱なアスリートは、慢心する天才を凌ぐこともあるだろう。はたしてホンダのエンジニアが徹底的に磨き上げることで、シビックは、M140iを凌ぐ走りを手に入れたのだろうか。これは、なかなかの難題だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記