MAZDA COLLEZIONE 旧美祢サーキットで今年も開催

2017.10.01

MAZDA COLLEZIONEが今年も「マツダ美祢自動車試験場」で開催。地元山口はもとより、九州や広島からの参加もあり、クルマのお祭りを楽しみました。

text & photo:Kazuto Toshishige(利重一人)

マツダ美祢自動車試験場とは?

10月1日(日)曇り空の中、クルマ好きのためのイベント「MAZDA COLLEZIONE」が山口県美祢市にあるマツダ美祢自動車試験場(旧美祢サーキット)で開催されました。マツダ社が所有する専用の試験場ということで、日頃は一般開放されないこの場所ですが、今日だけは特別にマツダ車以外の車両が走行できたり、自由に写真が撮れたりとクルマ好きには堪らないイベントです。今年もコース内を走る愛車走行会は40台限定でしたが、募集2日目には一杯となるほどの人気でした。

トークショーには山陽オートのライダーを

今年はメインのトークショーに山陽オートでランキング1位の人見選手をお呼びして、マシンの実車解説、オートレースの楽しさや裏側などをお話してもらいました。トークショーのあとは、独特なメカニズムを持つオートレース車両を展示し、見学者は普段見られないマシンに興味津々でした。

また迫力のあるラジコン選手権や子供に人気のミニ4駆大会を行い盛り上がっていました。JAFによるシートベルトの重要性を体感できるシートベルト・コンビンサーの試乗や子供免許証の発行も行われ、人気を集めていました。

働く自動車 大集合


今回もパトカーと白バイ、自衛隊車両の展示を行いました。それぞれに子供用の制服を用意。車両の前で敬礼のポーズをとって撮影を楽しむ親子連れが多く見られました。今回急遽展示が決まった消防はしご車展示と搭乗。こちらもかなりの人気でした。

このほか、バス展示コーナーでは子供バス乗り方教室が開催され、子供たちは説明を聞いたり、運転席に座ったりして楽しんでいました。車両展示ではマツダ車のほか、クラシックカー販売のイデオートが持ち込んだフィアット850スパイダーとルノー・ドーフィンが披露されました。そして今回は初めてハーレー・ダビットソン山口に参加いただき、ハーレーの2輪車やトライクが展示され来場者の注目を集めていました。

パドックではガレージセールやイラストの販売ブースが出店。ケータリングでは石窯焼きピッツァは行列が出来るほどの人気で、すぐに売り切れとなるほどの大盛況。そのほかの販売品も売り切れが多く出るほどでした。
また見学車両もレアなクルマが多く来場し、中でもランボルギーニ・カウンタックが来た時には黒山の人だかりとなりました。

今年は1000名以上が参加


愛車走行会からじゃんけん大会、交通安全パレードと順調に進み、午後4時にはすべてのスケジュールが消化され、皆さんは帰路につかれました。今年の見学車両は4輪430台、2輪63台と過去最高の入場車両数となり、1000人以上の方が参加されました。これも会場の提供にご協力いただいたマツダ様、協賛企業様、そして参加された皆さまやスタッフ、見学者の方々のおかげだと感謝申し上げます。

来年は10年目を迎えますので、今年以上の充実した内容となるようにすでに動き出しています。来年もMAZDA COLLEZIONEをよろしくお願いします。

 

人気記事