最終決着 BMW M3 vs アウディRS4 大番狂わせ起こるか 後編

公開 : 2017.11.26 15:40  更新 : 2018.01.22 22:47

後編です。BMW M3 vs アウディRS3、再テスト。結果は冷酷なものでした。

もくじ

前編
M3は変わってしまったのか
想定する購買層を変えたM3
控えめなM3、逞しいRS4
机上ではそっくりな両者
M3 「まるで物足りない」

後編
M3 乗り心地は格段に向上
あれ、RS4は勝ってしまう?
エンジンだけの勝負ならM3の勝ち
エピローグ 戦いを終えて

M3 乗り心地は格段に向上

走りでも2台の違いはすぐに明らかになった。いや、正確に言うと、走り始める前から両者は別物だった。

スターターボタンを押すと、M3のV8エンジンはRS4よりも静かでスムーズなアイドリングを刻み始める。ブリッピングと同時に車体がわずかに揺れるが、それはまるで自らが途方もないパワーを秘めていることにいささか困惑しているような震え方である。

素晴らしいユニットであるのは分かるのだが、RS4と比べるとやはりスペシャル感が薄い。RS4は車体全体で反応し、そのサウンドはM3よりも大きく、凄みを帯びている。

相対的に大人しい印象は走り出しても変わらない。M3は路面を拍子抜けするほどスムーズに進む。

そのタイヤとサスペンションはBMWのMモデルとは思えないほどの乗り心地を提供してくれる。手慣れなら500mも走らないうちに新型M3の落ち着いた振る舞いがヘタなラグジュアリーカーを凌ぐことに気づくだろう。

それとは対照的にRS4の乗り心地はずっと引き締まっており、サスペンションはM3に比べてかなり硬い。

だがその一方で、RS4のステアリングはM3に比べてシャープかつ正確で、操舵の重みの点でもM3より優れている。M3の場合、そろそろ攻めてみるかと思って飛び込んだ最初のコーナーでいきなり戸惑いが生じてしまう。

フロントが持ちこたえるのか流れそうなのか、ノーズがクリッピングを向くのかそうではないのか、はっきりとわからないのだ。ターンイン時のレスポンスと、コーナー途中でステアリングから伝わってくるフィールの両方に曖昧な部分があって、フロントのグリップを100%信頼しきれないところがある。

その点、RS4は対極にある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事