フォルクスワーゲン新型ジェッタ デトロイトモーターショーで公開 英国/日本への導入は「不明」

公開 : 2018.01.15 15:10  更新 : 2018.01.15 15:14

ゴルフのセダン版であるジェッタがフルモデルチェンジしました。先代は日本へは導入されず、英国ではつい先ごろ販売の終了が決定しましたが、世界規模でみると、フォルクスワーゲンの主力モデルのひとつです。

新VWジェッタ 全長/全幅が拡大

英国市場ではセールスが低調で、販売が打ち切られたジェッタ。そのため、この新型も英国への導入予定はないが、アメリカ市場などではパサートの下位に当たるモデルとなる。

ボディサイズは全長で43mm、全幅で35mm、先代より拡大され、キャビンスペースも広さを増している。

また、オーバーハングはフロントを10mm、リアを18mm短縮。エクステリアのデザインはパサートやゴルフに通じるもので、ダッシュボードは共通かと思わせるほど似ている。

インフォテインメント系にはMIBと呼ばれる最新の基本アーキテクチャーを用い、10.2インチのデジタル計器盤であるアクティブインフォ・ディスプレイや、ダッシュボードに埋め込まれたタッチスクリーンを装備。MirrorlinkやApple Carplay、Android Autoを備え、スマートフォンとの連携にも不自由しない。

エンジンは1.4ℓTSIの場合、150ps/25.4kg-mを発生。前輪駆動で、6段MTと8段ATを設定する。

かつてはヴェントやボーラと名乗ったこともあったジェッタは、日本や英国では存在感が薄く、今や正規導入されていないが、世界的に見ればフォルクスワーゲンのラインナップ中でも販売台数の上位に入る。

1979年の登場以来、累計1750万台ほどが世に送り出されているのだ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『フォルクスワーゲン新型ジェッタ』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事