新型BMW i3日本発売 8年バッテリー無償修理 538万円〜 

公開 : 2018.01.15 17:40  更新 : 2018.01.16 17:32

BMW i3が、新しくなりました。日本仕様は本日発売で、538万円〜。3年間主要メンテナンス無料、新車から8年(または10万km)バッテリー修理無償となっています。

もくじ

新型i3 マット・クロームで新フェイスに
新車から8年(!) バッテリー修理無償
注目の安全装備は? 新型i3の価格は?

新型i3 マット・クロームで新フェイスに

BMWは、航続距離約400kmを実現した「BMW i3」の新型モデルを、本日より販売開始した。

新型は、フロントに横長のLEDターン・インジケーターと共に、新フロント・バンパーを搭載。LEDヘッドライトを全モデルに標準装備した。

リアも同様に、新デザインのバンパーを採用し、マットクローム加飾で先進性を主張している。サイドは、シルバーの加飾がフロントピラーからルーフに沿って曲線を描くように配置され、洗練されたデザインとなった。

新型BMW i3

新型は、2016年から採用している33kWhの大容量リチウムイオン・バッテリーを搭載し、一回の充電走行距離は390kmを実現。モーターによる後輪駆動式で、最高出力170ps、最大トルク25.5kg-mを発揮する。0-100km/h加速は7.3秒だ。

また、647ccの発電用エンジンを搭載したレンジエクステンダー車は、走行中にエンジンが電力を発電し、航続距離が511kmまで延長される。0-100km/h加速は5.1秒。
 

 

人気記事