ランボ新型 ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー詳報 ルーフオープン連続写真

公開 : 2018.05.29 19:53

ランボルギーニ・ウラカン・シリーズの頂点に位置する「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」。最先端のメカニズムと特徴的なスタイリングを24枚の写真でご紹介します。ルーフオープンの連続写真も!

text&photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

もくじ

V10 NAユニット 640ps
アクティブ・エアロシステム クーペから継承
日本価格/スペック情報

V10 NAユニット 640ps

ランボルギーニ・ウラカン・シリーズの頂点に位置するペルフォルマンテ。そのオープントップ版としてスパイダーが追加された。3月のジュネーブ・モーターショーで発表され、このたび日本披露を迎えたのは既報の通り。ここでは、メカニズムとスペックの詳細を写真とともに紹介していこう。

速い話ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは既に登場しているペルフォルマンテ・クーペのスパイダー版となる。ウラカン・スパイダー(4WD)に較べ30psアップされるとともに35kgの軽量化が行われ、究極のパフォーマンスを誇る孤高のスパイダーへと変貌を遂げた。

ミドに搭載される自然吸気V10ユニットは5204ccの排気量から640psを発揮。7速デュアルクラッチ・トランスミッションLDF(ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ)を介しフルタイム4WDで確実に路面へ伝えられる。またペルフォルマンテ専用の新エグゾースト・システムは背圧を削減し軽量化が施され、高いパフォーマンスに相応しい心を揺さぶる魅力的なサウンドを放つ。

サスペンションは前後とも鍛造アルミニウム製のダブルウイッシュボーン式で、スプリングは10%、アンチロールバーは15%締め上げられ、アームのブッシュも50%硬度を高めるなど、サーキット志向のセッティングで仕立て上げられている。

オプションで磁性流体ダンピング制御のダンパーシステムが用意され、あらゆる路面状況やドライビング・スタイルに適応し、特にサーキット走行時のコントロール性を向上させている。このほかステアリング・システムには電動モーターによる可変ギアレシオとなるLDS(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)もオプション・リストに用意されている。

昨2017年に、AUTOCARイノベーション・アワードを授賞したアクティブ・エアロシステムも見逃せないテクノロジーだ。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事